小田原版 掲載号:2017年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

小田原オリーブ オイルと塩漬けを初製造 苗木栽培開催から3年で

経済

収穫の様子(10月26日小田原オリーブモデル園)・今回製造されたオイルと塩漬け(下)
収穫の様子(10月26日小田原オリーブモデル園)・今回製造されたオイルと塩漬け(下)
 耕作放棄地対策のひとつとして、小田原市が地元農業者らと2014年から取り組んでいる「オリーブ振興事業」。今年10月、まとまった量のオリーブの実が収穫されたことから、はじめてオイルや新漬けなどの加工品が製造された。

 現在、温州みかんの価格低迷や農家の担い手不足などが原因で市内には耕作放棄地が増加。市は、丘陵地でも鳥獣被害を受けにくく、6次産業化による農業者の所得向上が期待できるオリーブ栽培に着目した。

 地元農家らは14年4月、「小田原オリーブ研究会」(青木太成会長)を設立。同年5月、同会が主体となり、小田原オリーブモデル園(早川)に25本の苗木を植樹した。以降、市は苗木の購入費用補助や栽培先進地である小豆島町(香川)や二宮町の生産農家を訪問するなど、オリーブ栽培事業を推進。同会と市が連携し栽培に取り組んだ結果、毎年約500本ずつ苗木は増加した。現在は50軒の農家で約4ha、1500本が栽培されている。

 今年は約100kgの実を収穫。まとまった量の収穫ができたことから、初めてオリーブオイルと新漬け(塩漬け)の製造が行われた。収穫された実のうち3・8kg分を小豆島町と藤沢市の工場でオイルとして採油、34kg分を二宮町の工場で新漬けに加工した。

 青木会長は「柑橘類が低迷するなか、オリーブは新しい視点として期待できる。加工体制も確立され、農家にとっては生産の励みになる」と話した。市は今後も苗木補助を継続、20 ha、5000本の栽培を目指す。

小田原版のトップニュース最新6件

住民窓口11カ所 廃止方針

小田原市

住民窓口11カ所 廃止方針

12月9日号

合併見送りを表明

南足柄市

合併見送りを表明

12月9日号

「合併推進」7割が肯定的

小田原市アンケート

「合併推進」7割が肯定的

12月2日号

市民ホール整備費など補正

全国初、マンホール交換設置

高木大貴君が角界入り

旭丘高相撲部

高木大貴君が角界入り

11月18日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートと寄木との出会い

アートと寄木との出会い

12日まで 老欅荘で作品展

12月1日~12月12日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク