小田原版 掲載号:2017年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

小中学生に陸上の指導をする 和泉 克介さん 国府津在住 72歳

陽だまりのじいちゃん

 ○…速度計とメガホンを自転車にくくりつけ、子どもたちの練習に伴走する。森戸川の土手の草を刈った自宅前の”ランニングコース”には、放課後になると市内各地から20人を超える小中学生が集まってくる。クラブチームでも何でもない、「ただの陸上愛好会」。40年以上指導を続けるうちに、いつしか親しみを込めて「じいちゃん」と呼ばれるようになった。

 ○…マラソンが好きで、東京駅から伊勢神宮まで走破したことも。スキーとスピードスケートで国体に出場し、40歳からトライアスロンをはじめた。44歳のとき、練習中にバイクにはねられ生死をさまよう。怪我の後遺症が残るが「ここまで元気になれたのは子どもたちのお陰」。心を奮い立たせてくれたのは、練習を楽しみにしている教え子たちだった。JRを退職後は郵便局で働き、今は学校給食の運搬を担う。休日は子どもたちに昼食を用意。「みんな喜んでくれるかな」と、料理番組で学んだレシピにも挑戦する。奥さんも手伝ってくれるのだとか。

 ○…北海道旭川市(旧東旭川町)出身、12人兄弟の10番目。学校まで片道4Km、冬は雪の中を歩いて通った。鍛えた足腰でマラソンに野球、相撲の稽古に励んだ少年時代。忘れられないのが中学で野球を教えてくれた恩師。同じ目線で、同じ気持ちになって話をしてくれる姿が、今でも胸の奥底に焼き付いている。

 ○…息子夫婦や娘夫婦、孫に囲まれて暮らす。「本当は、もっとにぎやかだったんだ」と、病気と死産で娘2人を亡くしたことを静かに思い出す。「子どもたちに、やれることをやってあげたい。悪い道にだけは走らないように」と言葉を噛みしめる。じいちゃんの家の前はいつも笑顔でいっぱいで陽だまりのよう。春夏にはマラソン大会を兼ねたキャンプ、冬はスキーにも連れて行く。「自分だけではできない。協力してくれる親御さんに感謝です」と、優しい目をさらに細めた。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

11月25日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク