足柄版 掲載号:2014年5月31日号

(PR)

患者と家族の退院後の不安を解消 医療レポート足柄上病院シリーズ17

地域と連携でサポート

在宅医療支援の専門チームが誕生

太田光泰・総合診療科担当部長、地域医療連携室 室長補佐
太田光泰・総合診療科担当部長、地域医療連携室 室長補佐
 4人に1人が75歳以上となる2025年を見越し、国は高齢者の生活を地域で支える「地域包括ケアシステム」の構築を推進して、医療・介護分野の需要増大に対応しようとしている。

 こうした流れの中で県立足柄上病院では、01年から設置している地域医療連携室を機能強化した「地域医療センター」を今年4月に開設。高齢化が進む県西部の医療を、他の医療機関などと連携しながら地域全体で支えるしくみづくりを進めている。今回はセンター内に新設された「在宅診療部門」について、地域医療連携室の室長補佐を務める太田光泰 総合診療科担当部長に話を聞いた。

 ―部門の主な業務は

 退院して自宅療養を始めた患者さんやご家族をアフターサポートする「在宅医療支援」を行っています。あくまでも「支援」なので、退院後も在宅診療を続けるという意味ではありません。

 ―どのような支援をするのでしょうか

 患者さんが自宅での生活再開に強い不安を抱えている場合などに、最大でも3回程度に限り、元の主治医が看護師と訪問診療を行って不安を取り除きます。その際には、ご家族や今後の在宅診療を担う地域のかかりつけ医(往診医)にも必ず同席してもらい、連携を「見える形」にすることで、主治医のバトンタッチを円滑に進めていきます。

 ―地域の医療機関との連携が重要になってきますね

 はい。今後は地域における医療の機能分担が必要になります。関係機関との連携を一層高め、県西部に地域包括ケアシステムのモデルケースを構築していきたいと思っています。

取材協力・県立足柄上病院

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のピックアップ(PR)最新6件

ひな人形展示即売会

おもちゃと人形の「あさひや」

ひな人形展示即売会

1月21日号

県西地域の最新情報

ネット未公開物件も! 宅地フェス2017

県西地域の最新情報

1月7日号

今年こそ望む、我が子の結婚

価値観が近い相手と出会う

今年こそ望む、我が子の結婚

1月7日号

4月入校生を募集

県立西部総合職業技術校”かなテクカレッジ西部”

4月入校生を募集

1月7日号

3日から初売りの神奈川日産でe‐POWERを体験しよう

産後ケア「すくすく」

助産師が24時間お手伝い 医療レポート足柄上病院シリーズ㉙

産後ケア「すくすく」

1月1日号

ハーバリウム作りを始めました

女性専用サロン。100種類以上の花材から制作できます

http://naturalroom.jimdo.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートと工芸の融合

アートと工芸の融合

落合館で作品展

10月26日~12月16日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク