足柄版 掲載号:2014年5月31日号

最後の田植え 思い出に

清水小児童が全員参加

上級生が下級生に手ほどきしながら丁寧に稲を植えた=28日・用沢地区の水田
上級生が下級生に手ほどきしながら丁寧に稲を植えた=28日・用沢地区の水田
 2014年度をもって閉校になる山北町立清水小学校(米山孝校長・児童数31人)の全校児童が5月28日、山北町用沢地区の水田で清水小学校として最後の田植えを体験した。

 水の張られた田んぼに一列に並んだ児童は、上級生が下級生の面倒をみながら丁寧に稲を植えていった。

 田植えを終えた6年生の山崎栞太くんは「清水小学校として最後の田植えだったので良い思い出になった。1年生に教えながら楽しくできました」と、笑顔で振り返った。

 同校では2000年から田植え体験を全校行事として行っており、準備や収穫時期までの水田管理には地元農家や学校評議員が協力している。

 米山校長は「地域の方たちからも去年よりきれいに植えられたとほめられ、子どもたちも良い体験ができた。秋に収穫する”清水米”が楽しみです」と話す。

足柄版のローカルニュース最新6件

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク