足柄版 掲載号:2017年3月11日号

4月9日まで行われる駅弁掛け紙コレクション展に資料提供をした

瀬戸 曻(のぼる)さん

松田町松田庶子在住 73歳

包み紙にノスタルジー

 ○…駅弁の老舗、東華軒に47年勤めた。弁当開発の仕事がきっかけで駅弁の顔ともいえる「掛け紙」の収集を始めた。コレクション歴は40年。”お宝”探しの骨董市めぐりに余念がない。自宅の「秘密基地」には時代を反映する2千枚の掛け紙がある。ご当地の風景や鉄道の路線図などの身近なものから戦時下に国威発揚を促すもの、国賓の来日を祝うものなど世相を反映した図柄もある。「掛け紙は時代の証人」という。

 ○…東京都三鷹市生まれ。父も祖父も鉄道マン。父が小田原へ赴任した50(昭和25)年に松田町へ移り住んだ。ナッパ服を着た父の仕事場で眼前に迫る車両に圧倒された。そんな父の給料日には家族そろって小田原駅前の「あさひ食堂」へ行った。カレーライスが想い出の味になった。やがて専門学校へ進み、あさひ食堂を営む東華軒に就職。管理栄養士として活躍した。当時を思い出し「運命を感じた」と目じりが下がる。

 ○…現役時代にわっぱ型容器の「こゆるぎ茶めし」の開発に携わった。海の幸と山の幸を曲げわっぱに詰めた弁当は東華軒の看板商品になった。弁当の顔ともいえる「掛け紙」には小田原城や富士山を起用してご当地感を醸し、発売初日には自ら店頭に立った。81年には肩掛け箱で弁当を売る”立ち売り”が国府津駅で最後を迎えその場に立ちあった。一つの時代の終わりを感じて涙が溢れた。今やデパートの催事で人気を博すようになった駅弁を今でも好んで買うという。

 ○…駅弁の「掛け紙」は時代や地域に分けてファイルに挟み、必要なものはすぐに取り出せるよう収納する。駅弁を作った思い出が甦ると話がとまらない。近ごろは6歳と0歳の孫の写真撮影にもいとまがなく、「会うたびに表情が変わるから楽しみ」なのだとか。少しずつ角度を変えて何枚も撮りため、収集している掛け紙の枚数を越える日もそう遠くなさそう。松田庶子で奥さんと2人で暮らす。

医療から介護まで

介護職、薬剤師、ケアマネ、PT募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

大泉 重弘さん

第105代松田警察署長に就任した

大泉 重弘さん

5月20日号

渋谷 薫さん

松田町寄活性化のため活躍している

渋谷 薫さん

5月13日号

長山 誠一さん

「おたがいさまネットおかもと」の会長を務める

長山 誠一さん

5月6日号

長井 光枝さん

藤の花咲く自宅の庭園を30年以上一般開放している

長井 光枝さん

4月29日号

松澤 俊介さん

都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会で優勝した神奈川県代表のヘッドコーチを務めた

松澤 俊介さん

4月22日号

細谷 善國さん

清水地区最後の専業茶葉農家になった

細谷 善國さん

4月15日号

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/