足柄版 掲載号:2017年3月11日号

駅弁でたどる鉄道史 社会

4月9日(日)まで企画展

 4月9日(日)までおだわら交流センターUMECOで行われている企画展「名所・名物・ノスタルジア駅弁掛け紙コレクション展」で、松田町松田庶子在住の瀬戸曻さん(73)の集めた駅弁の掛け紙や空箱が展示されている=写真。

 主催は小田原鉄道歴史研究会。瀬戸さんが約40年かけて骨董市などで収集した品が会場に並ぶ。明治から平成にかけての駅弁当の掛け紙35点をはじめ、販売員が着用していた法被や販売箱などもある。

 時間は午前9時から午後10時まで、入場無料。月曜日と21日(火)は休館。

 問い合わせは鉄道歴史研究会【携帯電話】070・6645・5877小室会長へ。
 

関連記事powered by weblio


緑・夢・未来 地域とともに

神奈川県西部に位置する2市8町がエリアのJAです

http://ja-kanasei.or.jp/

医療から介護まで

薬剤師、看護職、介護職募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6件

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

こんどは水辺公園

こんどは水辺公園

10月1日(日) アシガラマルシェ

10月1日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク