足柄版 掲載号:2017年3月18日号

「南足柄でママまつり」の実行委員長を務める

春成(はるなり) 太一郎さん

南足柄市竹松在住 41歳

繋がりを力に

 ○…取材当日が誕生日だった。小顔で端正な顔立ち、やさしげな語り口でカフェ「ビーンズビレッジ」を営む。妻がサービス、自らこだわりの料理に腕を振るう。2013年の開業から評判が口コミで広がり、いつしか子育てママが集まる店として知られるようになった。そんな中、市の職員から地域での活動を打診され26日に南足柄市役所で開く「ママまつり」の運営に携わるようになった。「みんな協力的だからやれるはず」と15人のママをまとめる。

 ○…仕事の合間に、愛犬ビーンと愛娘とで散歩に出るのが好きな時間。引っ張られながらビーンの行きたい所に行くのだそう。愛犬にも役職があるそうで「村長なんです。この店で一番偉いんですよ」とくすり。自身に子どもができ、店でベビーマッサージのワークショップを開いた時に「子どもを連れて行ける店がない。ママさんはこんな場所を求めているのか」と衝撃を受けた。以来子育て中のママ向けのイベントをたびたび開催している。

 ○…1976年に東京で生まれた。姉が一人いる。海外との貿易を支えるタンカーが幼い頃の記憶。そんな父の仕事の関係で小学3年生までにアラブ首長国連邦のドバイを含む国内外5カ所に転居した。高校生まで大井町で育ち、その間親子で乗馬を楽しむ機会が多かった。獣医を目指し相模原市淵野辺の麻布獣医大学付属高校へ進学した。毎朝始発で通ったが「動物が好きで苦ではなかった」

 ○…無農薬の地場野菜にこだわる店に「みんなが繋がっていくような場所になればいい」と思いを込める。店では手作り作家の作品をならべ創作活動を後押ししている。夫婦で2歳半の娘を育てながらのイベント開催には苦労もあるが「先輩ママたちに助けられている。大変だけれど輪が広がるのは楽しい」という。ママまつりも「繋がることが、地域のためになっていけば」。ママまつりを機に繋がりが広がることを祈っている。

ねぇ「合併する」って、ほんと?

小田原市・南足柄市間の協議のすべてがわかる!

http://www.odawara-minamiashigara.jp/

医療から介護まで

介護職、薬剤師、ケアマネ、PT募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

吉野 雅之さん

企業庁三保ダム管理事務所で定年退職を迎える

吉野 雅之さん

3月25日号

 瀬戸 曻(のぼる)さん

4月9日まで行われる駅弁掛け紙コレクション展に資料提供をした

瀬戸 曻(のぼる)さん

3月11日号

遠藤 和美さん

一般社団法人「みらいのこどもたち」の代表で街づくりに力を入れる

遠藤 和美さん

3月4日号

小澤 啓司さん

ミニマルシェ「まつだ・桜・ゆめフェスタ」開催のきっかけをつくった

小澤 啓司さん

2月25日号

高橋 洋一さん

プロのドラマーとして活躍する

高橋 洋一さん

2月18日号

大野 好弘さん

雪割草や苔を栽培する園芸研究家として活躍する

大野 好弘さん

2月11日号

1日限定お試し企画 つむGO 

3.18 松田町・松田まちづくり女子会2017が主催!

https://town.matsuda.kanagawa.jp/

ねぇ「合併する」って、ほんと?

小田原市・南足柄市間の協議のすべてがわかる!

http://www.odawara-minamiashigara.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/