足柄版 掲載号:2017年4月15日号

禹王研究会

第4号会誌を刊行 文化

10月に富士川町でサミット

会誌を手にする会長の大脇さん
会誌を手にする会長の大脇さん

 神奈川、東京、広島など全国21都県に133人の会員がいる「治水神・禹王(うおう)研究会」(大脇良夫会長)の第4号会誌がこのほど刊行され、開成町のミクニ書店などで販売が始まった。

 研究会は、治水神「禹王」にまつわる石碑や像などを探るため2013年に発足した。「禹王」は中国最古、夏王朝の初代皇帝「文命」の死後の敬称。大脇さんら郷土史研究家が2006年に酒匂川で文命堤の石碑を発見したことに端を発し、これまでに全国107カ所で遺跡を確認し、開成町や京都市などで5回のサミットを開いてきた。

 第4号会誌には会員17人が寄稿した。A4判84ページ。1500円(税込)。10月7日と8日に山梨県富士川町で第6回サミットを開く。問い合わせは大脇会長【携帯電話】090・4125・1737へ。
 

関連記事powered by weblio


足柄版のローカルニュース最新6件

合併めぐり論戦

南足柄市議会一般質問

合併めぐり論戦

6月17日号

飲料消費と郷土愛醸す

「松田産の飲み物で乾杯」

飲料消費と郷土愛醸す

6月17日号

古民家に涼を呼ぶ音

「どれだけ響くか」

若手公務員

「どれだけ響くか」

6月17日号

しあわせの花咲く

福祉の現場を知る

関連記事(ベータ版)

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/