足柄版 掲載号:2017年9月9日号

福祉避難所を考える 社会

かざみどりと大井町社協が研修会

小野理事長が経験談を話した
小野理事長が経験談を話した
 障害児・者と家族が地域で安心して暮らせるよう支援するグループ「かざみどり」(下澤孝子会長)と社会福祉法人大井町社会福祉協議会(山地裕昭会長)が9月4日、大井町生涯学習センターで公開研修会「福祉避難所の意義を考える講演会」を行った。民生委員児童委員や自治会長らおよそ70人が参加した。

 「かざみどり」は今年5月に障害者とその家族や支援者で結成された。高齢者や障害者など「災害弱者」が医療支援などを受けられる災害時の「福祉避難所」の確保やグループホーム設立を目指し活動している。

 研修会では東日本大震災や熊本地震などで支援活動した社会福祉法人ウィズ町田の小野浩理事長を講師に迎えて行った。災害時に備えて日ごろから地域の繋がりや専門職員との連携体制を整える必要性を話した。

関連記事powered by weblio


足柄版のローカルニュース最新6件

進路が決まった高校生の皆さん!

免許を取るなら今がチャンス!!

http://matsuji.jp/

医療から介護まで

薬剤師、看護職、介護職募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

5年ぶり「お峯入り」

山 北

5年ぶり「お峯入り」

共和地区80人が民族芸能を披露

10月8日~10月8日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/