足柄版 掲載号:2017年9月30日号
  • googleplus
  • LINE

山北中美術部

まちをギャラリーに

教育

交流センター1階に作品展示

美術部の顧問と生徒
美術部の顧問と生徒
 JR御殿場線山北駅前のふるさと交流センターに、桜や菜の花など地域の風景を描いた油絵の作品5点が展示されている。油絵はいずれも山北中学校(中野敏治校長)の美術部に所属する生徒が昨年春に描いた。

 2015年に足柄台中学校から赴任した及川夢教諭(30)が昨年の春に生徒に呼びかけて、山北町の春を写真に撮りため、その中から気に入った風景を題材にした。及川教諭は前任校でバスケットボール部の顧問だったが山北中では美術部の顧問になった。「絵に関しては素人なので生徒たちと一緒に見よう見真似で油絵に取り組んだ。せっかくの作品なので町の方々にも観てもらいたいと思っていた。校長が役場と掛け合ってくださり展示が実現した」と話し「町内で展示してくださる場所があればぜひお願いしたい。生徒の励みになる」としている。

 絵を描いたのは3年生の内藤紅吏さん(右)、三浦駿一くん(左)、山崎麗愛さん(中央右)と2年生の井上理杏さん(中央左)、日隈葵さん(中央)の5人。

 内藤さんは学校の横を流れる滝沢川の菜の花、三浦くんは滝沢川の桜、山崎さんは向原の旧バス停を描いた。井上さんは桜のアーチ、日隈さんは御殿場線の車両を題材にした。

 日隈さんは「電車が好きで御殿場線を選びました。桜の季節に御殿場方面から列車が来る風景が好きです」と話していた。三浦くんは昨年町が発表した蒸気機関車D52のマスコットキャラクター「でごにぃ」の素案を描いた。

 作品は交流センターの開館時間(午前9時から午後5時)に観覧できる。展示の協力は山北中学校【電話】0465・75・0755へ。

関連記事powered by weblio


足柄版のトップニュース最新6件

58年の歴史に幕

山北体育館

58年の歴史に幕

10月21日号

国際未病フェス開催

ブルックス

国際未病フェス開催

10月21日号

鉄道の日にD52フェス

山北町

鉄道の日にD52フェス

10月14日号

人口減対策を加速へ

松田町本山町長

人口減対策を加速へ

10月14日号

金時山登頂5千回

松田町 菊地正治さん

金時山登頂5千回

10月7日号

弥一芋づくりに参入

社会福祉法人 一燈会

弥一芋づくりに参入

10月7日号

医療から介護まで

薬剤師、看護職、介護職募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

あたり前の日常を表現

山北町 露木盛枝さん

あたり前の日常を表現

和紙人形展 10月25日まで

10月13日~10月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク