足柄版 掲載号:2017年10月7日号
  • googleplus
  • LINE

お峯入り保存会の会長として10月8日の伝承公演を取り仕切る 池谷 和美さん 開成町吉田島在住 73歳

背中を見せ、生きてきた

 ○…「多くの皆さんのお陰で今回もお峯入りができる。共和に残っている人と共和に縁のある人が80人揃って良かった」。幾度となく演者として伝承公演を経験してきたが、保存会の会長として迎えるお峯入りは今回が初めて。10月8日を前に緊張感が色濃くなる。国指定重要無形民俗文化財のお峯入りは子どもの頃から身近にあった伝承芸能。「どの家も親の背中を見てこの文化を受け継いできた。そういう縁を大切にしたい」と伝承の意義を語る。

 ○…70年、暮らした共和を3年前に離れ開成町吉田島に妻と2人の家を建てた。決断にはさまざまに葛藤したが、身を以て経験した晩年の両親との生活から、そうすることに決めた。「体が弱っていく両親と寝食を共にして2人を看取った。もし自分が、と考えたらここでは暮らせないとなった」。それでも代々守り続けた家では入れ替わるように長男が暮らし始めた。「本人がそう申し出てくれた」と穏やかに笑った。 

 ○…子どものころ「ヒーヤーヒー」と叫びながらホウキを振り回して遊んだ。「大人たちが演じるお峯入りは今よりも身近で、学校の先生が影絵を作ってくれたりもした」。炭焼きをする祖父の横で枝を刻み、炭焼きの物真似もした。できた炭をかついで山を歩くのが日課だった。祖父と両親、姉と妹3人の8人家族で育ち、情報処理システムの外資系日本法人に就職。20代後半から10年ほど、新橋にあるメガバンクのシステム管理も担当した。

 ○…食卓では奥さんの煮物が一番の好物。「白メシがノドを通らなくなっても煮物だけは食べたい。あんなに美味いもんはない」と言ってはばからない。両親の看病に共に明け暮れ「子育てする間もなかった」が、その背中を見て育った2人の息子は彼岸や盆の墓参りを欠かさない大人に成長した。親ながら、その姿に「感心する」。8日のお峯入りでは、父としてその息子の演舞も見守る。

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

瀬戸 忠さん

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める

瀬戸 忠さん

12月9日号

石田 勝也さん

丹沢湖畔のそば店でアート展を開く

石田 勝也さん

12月2日号

中村 勉さん

神奈川掃除に学ぶ会の世話人で、掃除を通して子どもの育成をしている

中村 勉さん

11月25日号

岡本 美奈子さん

絵手紙作品集200冊を山北町に寄贈した

岡本 美奈子さん

11月18日号

武藤 一美さん

「あじさいちゃん」のテーマソング『かいせいマーチ』を制作し普及活動をしている

武藤 一美さん

11月11日号

安池 範明さん

大井町の西大井ふくし会の会長を務める

安池 範明さん

11月4日号

ハーバリウム作りを始めました

女性専用サロン。100種類以上の花材から制作できます

http://naturalroom.jimdo.com/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートと工芸の融合

アートと工芸の融合

落合館で作品展

10月26日~12月16日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク