足柄版 掲載号:2017年10月7日号
  • googleplus
  • LINE

松田町 菊地正治さん 金時山登頂5千回 80歳、年間350日ペース

社会

仲間に祝福される菊地さん(中央)=金時山山頂・4日朝
仲間に祝福される菊地さん(中央)=金時山山頂・4日朝

 松田町松田惣領に住む菊地正治さん(80)が4日朝、金時山(1212m)登頂5千回を達成した。今年6月に傘寿を迎えた菊地さんは、がんの手術やリハビリを乗り越え、年間350日のペースで山に登り続けている。

 金時山は南足柄市と箱根町、静岡県小山町にまたがる箱根外輪山の最高峰で年間10万人以上のハイカーが訪れている。

 菊地さんが金時山を登り始めたのは2002年4月。「近所の籠場橋から毎日眺めていて、いつか登ってみたい」思う山だった。

 初めは御殿場線の足柄駅から登っていたが、自家用車で足柄峠まで行けることを知り回数が増えた。

 毎朝午前3時過ぎに起床して車で自宅を出発。4時半ごろから1時間ほどで山頂に到着し、馴染みの金時茶屋で仲間たちとコーヒーを飲むのが日課という。

 2年前に口腔がんを患い体重が10キロ落ちたが、入院前の年間350日のペースを2カ月で取り戻した。

次は6千回

 4日朝は近所に住む山仲間の助広道夫さん(74)・カヨ子さん(70)夫妻も帯同。妻のさよ子さん(74)が前日に炊いた赤飯と仲間に渡すお礼の品をリュックに詰め3人で山頂をめざした。午前5時43分、山頂にある金時茶屋の「金時娘」こと小見山妙子さん(84)と山仲間15人に祝福され無事5千回目の登頂を果たした。

 菊地さんは「感無量。無事に今日を迎えられてホッとしている。次は83歳で6千回をめざしたい。足は大丈夫だけど運転が心配」と話しコーヒーをすすった。
 

小見山さんから色紙を贈られる菊地さん
小見山さんから色紙を贈られる菊地さん

足柄版のトップニュース最新6件

足柄牛の出荷始まる

門屋食肉商事

足柄牛の出荷始まる

12月16日号

きょう南足柄に凱旋

ベルマーレフットサル

きょう南足柄に凱旋

12月16日号

「合併するべきではない」

南足柄市加藤市長

「合併するべきではない」

12月9日号

ゆるくない特捜官

松田警察署対策強化

ゆるくない特捜官

12月9日号

4割超が賛否保留

南足柄市市民アンケート

4割超が賛否保留

12月2日号

4月から直営へ

松田山ハーブガーデン

4月から直営へ

12月2日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク