箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年11月18日号

全日本ベテランテニス選手権(70歳以上)でベスト4に入った 

高原 米子さん スポーツ

湯河原町鍛冶屋在住 70歳

痛みを超えて追いかける

 ○…「テニスでもやってみたら?」。30年前、夫が差し出したラケットが始まりだった。最初は球が当たらず「野球バットみたいに振ってみたら?」と言われ、両手で握り直したところ打てるようになった。フォアもバックも両腕で全力返球。このスタイルは全日本の試合に出る今でも同じ。体に負担がかかるのか、腰や肩が常に痛む。それでも腹筋やスクワットに励み、体重は41キロ。夜は睡眠薬を飲んで眠りにつく。試合に勝てるようになるまで、無数の負けを積み重ねた。一体どんな情熱が湧いているのか。「やめたいと思う事?何度もありますよ」。目を丸くした。

 ○…山梨県の旧竜王町出身。兼業農家の家に生まれ、ヤギの乳をのんで育った。小さい頃から田植えを手伝い、学校に行くにも友達に合うにも長距離を歩かねばならず、自然と鍛えられた足腰がアスリート人生の基礎に。山梨大を卒業後に小学校の教員となり、熱海市の泉小学校などで働いた。「あの頃は厳しくしてましたね」と、思い出し笑いがこぼれる。授業から取り残された子を放課後にわかるまで教え、休み時間は徹底的に遊んだ。「大変だった子」が今どうしているのか、頭によぎることもある。25歳の時に同郷出身で小田原の高校教員だった照夫さんと結婚。二人の職場の中間点で「天災があっても水には困らない」と新崎川近くに移り住んだ。

 ○…北海道から九州まで、毎月全国を転戦するのには理由がある。「頂点を狙えるのは体力的にこの1〜2年。強い若手が出てきますからね」。湯河原に戻った日は特技のフルートを練習したり農園の手入れをしたりと、体を止めない。趣味は歴史本などの読書で、明治天皇に直訴した田中正造を尊敬する。「汗を流す人、頑張っている人が好き。道ですれ違ったサラリーマンであっても」。疲れや痛みは当たり前。それを上回るものが華奢な胸中にこんこんと湧いている。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

大戸 孝さん

港に100匹以上の鯉のぼりをあげた「福浦明青会」の会長を務める

大戸 孝さん

5月12日号

佐藤 敦子さん

湯河原町民で、オレンジマラソン10キロ女子30・40代の部1位となった

佐藤 敦子さん

4月21日号

湯河原駅でチラシ配布

2年前の放火殺人

湯河原駅でチラシ配布

4月21日号

青野 豊さん

宮城野木賀観光協会会長で、仲間とともに名物の桜並木の手入れを続ける

青野 豊さん

4月7日号

石井 妙子さん

湯河原駅のベンチに座布団を設置している町商工会女性部の部長を務める

石井 妙子さん

3月24日号

石井 大吾さん

国際興業グループのフランス料理コンクールで優勝した

石井 大吾さん

3月10日号

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月12日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/