箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年12月16日号

姉妹都市・忠州市の選手と卓球で交流した湯河原町卓球協会の会長を務める

小松 幸男さん

湯河原町宮上在住 67歳

白球で話せばいい

 ○…「姉妹都市の韓国の選手団が来る。しかも予選を勝ち抜いた精鋭ぞろい」。その話を初めて聞いた時はとにかく驚いたが、試合が始まってからは打ち合う白球が言葉代わりになってくれた。男女シングルスとも忠州の選手に圧倒されたが、お互いのナイスプレーには拍手でたたえ合った。2月には仲間とともに韓国に飛び、忠州での試合に出る計画。「一言も韓国語が話せないのに」と、はずむ気持ちを笑窪にした。

 ○…故郷は栃木県旧西方村。中学で卓球部に入り毎日千回の素振りに加え「うさぎ跳び」でグラウンドを周った。足を使って戦う卓球が顧問のポリシーだった。高校卒業後は空調関係の仕事に就き、先輩のカバン持ちとなって仕事を目で盗んだ。現場は駅のホームの下など変わった所ばかり。冷房修理でアンモニアを冷媒にした装置に出くわしたこともある。「あの黒い液体が服についた時の臭いといったら…」と目を細めた。30年前には「つくば科学万博」政府館のトマト大型水耕栽培(約1万個)で、照明を担当。遠い万博まで家族を連れ出し、裏方の仕事を見せた日が懐かしい。

 ○…しばらく放置していたラケットを手にしたのは、結婚で移住したこの地で友達が欲しかったから。当時「湯河原クラブ」の部員は3人。団体戦もままならなかったが、20年以上経った今では15人に増え、伊勢原や熱海にも遠征する。卓球を続ける醍醐味は「スマッシュが打てるから」と即答した。ラケットはグリップ部分が黒ずみ、崩れてボロボロ。特訓と激戦を物語る。

 ○…今も週二回通勤しており、携帯が手放せない。昼夜を問わず修理の連絡が入るため、昔はずっしりと重い『移動電話』を使っていた。試合の時にも、父・泰一郎さんの葬儀の最中も呼び出しがかかったが、丁寧に応対した。「やらなきゃいけない」という一言ににじむ覚悟とプライド。24時間、即座に打ち返す用意ができている。

関連記事powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

鈴木 美貴さん

箱根で開かれた子ども食堂「ハッピーダイナー箱根“PPAP”」で調理を担当した

鈴木 美貴さん

6月23日号

柏木 秀草さん

「五人あわせて四百歳」と銘打った紫陽会書展(小田原で開催)に出品した

柏木 秀草さん

6月9日号

鈴木 啓太さん

消防のスピーチ発表で関東代表に選ばれた

鈴木 啓太さん

5月26日号

大戸 孝さん

港に100匹以上の鯉のぼりをあげた「福浦明青会」の会長を務める

大戸 孝さん

5月12日号

佐藤 敦子さん

湯河原町民で、オレンジマラソン10キロ女子30・40代の部1位となった

佐藤 敦子さん

4月21日号

湯河原駅でチラシ配布

2年前の放火殺人

湯河原駅でチラシ配布

4月21日号

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/