箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年2月24日号

湯河原町子ども会育成団体連絡協議会の会長を務める

村上 裕之さん

湯河原町中央在住 46歳

父親道、全力疾走中

 ○…湯河原町子ども会育成団体連絡協議会。堅めな名称からは想像できない、その会長はGパンが似合いそうで、兄貴のオーラを放つ。普段は電器店を営み、販売や設置のほか「〜のスイッチがつかない」「パソコンの使い方が」といった声を受けて出動している。年配のお客さんが多く「行って良かった」と胸をなでおろす事も多い。朝6時半から駆け回り、日付が替わる頃に帰宅すると好きなビールをごくり、だいたいそのまま突っ伏してしまう。とにかく忙しい中で引きうけた職責のやりがいは何なのか?しばし茫然とした後「やっぱり、子どもの喜ぶ姿…ですかね」

 ○…長男がまだ小学生だったころ、知人に「ちょっと手伝ってくれない?」と声をかけられたのがきっかけだった。子ども会団体の副会長や会長など重責を担っても「前に出ないキャラクターで」とぽつり。協議会は子どもたちがスコップを振るう「砂の芸術祭」など大型イベントも主催するが、ここぞという時はOBの中・高・大学生らが手助けしてくれる。「ジュニアさん、シニアさん」と彼らを「さん」で呼ぶのは、大切な後継者でもあるからだ。少子化や子どもの生活スタイルの多様化など、打ち寄せる波が荒いのはどこも同じ。「大人だって楽しめますよ」と、醍醐味を語る。

 ○…吉浜小出身。小さい頃から家業を手伝い、父と屋根に上ってアンテナ設置を手伝った。父子相伝で器用さも受け継いだのか、プラモデルのバイクを数えきれないほど作った。湯中を卒業後は小田原城北工業の電子科と、進路は家業に一直線。電機メーカーで研修を受けた後、20歳から実家で働き始めた。得意先のご縁で32歳で結婚し、つい3ヵ月前に赤ちゃんが誕生したばかり。「先はまだまだ長いですが嬉しさが一番かな」。仕事の後にお風呂に入れたり朝は長男のお弁当作りと、お父さんの任務は年々多様化。シワではなく笑くぼが、深くなってゆく。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

佐藤 敦子さん

湯河原町民で、オレンジマラソン10キロ女子30・40代の部1位となった

佐藤 敦子さん

4月21日号

湯河原駅でチラシ配布

2年前の放火殺人

湯河原駅でチラシ配布

4月21日号

青野 豊さん

宮城野木賀観光協会会長で、仲間とともに名物の桜並木の手入れを続ける

青野 豊さん

4月7日号

石井 妙子さん

湯河原駅のベンチに座布団を設置している町商工会女性部の部長を務める

石井 妙子さん

3月24日号

石井 大吾さん

国際興業グループのフランス料理コンクールで優勝した

石井 大吾さん

3月10日号

常盤 雅也さん

湯河原町農林水産まつりで出品したミカンが県知事賞を受賞した

常盤 雅也さん

2月10日号

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/