箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年4月21日号

最大約3mの浸水想定地域湯河原

初の津波避難タワー 社会

屋上からは津波避難ビルの湯河原ロイヤルハイツも見える
屋上からは津波避難ビルの湯河原ロイヤルハイツも見える

 湯河原町門川地区に、このほど町内初の津波避難タワーが完成した。以前は第五分団の古い建物があった場所で、町が約7200万円でタワーや避難所、分団の機能を併せ持った建物として新築した。

 タワーの周辺の標高は5・3mほどで2階建て住宅が広がっている。相模トラフ沿いの最大クラスの地震(発生間隔2千年〜3千年以上)を想定した浸水予測は最大3mで、タワーに上れば高さ9mに避難が可能。フェンスで囲まれた屋上には約150人が避難でき、湯河原中や相模湾も目に入る。外付けの階段は施錠せず、建物内には緊急時の待機スペースも設けた。今後、防災用品も備蓄する予定という。

津波避難施設町内17カ所に

 町内には公民館や民間マンションなど16カ所の津波避難ビルが登録されており、うち門川地内の施設は1カ所だった。タワー近隣の店舗で働く男性(48)は「タワーがあるだけましになった。万が一の時はバイクで千歳川を越えて熱海側か、吉浜小に逃げようと思っていた」。別の女性(30代)は「単身の年配者が多い地域。新施設はできたが、災害に備えて横のつながりも作らないと」と話していた。
 

外付け階段は施錠しない
外付け階段は施錠しない

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

金時山頂にまさかり立つ

下郡3町巡る名車ラリー

6月3日(土)・4日(日) 堺正章さんら乗車

下郡3町巡る名車ラリー

5月26日号

特別保護地区隣 ゴミ散乱

箱根新道沿い

特別保護地区隣 ゴミ散乱

5月12日号

過疎債活用、願っていた

真鶴町長

過疎債活用、願っていた

5月12日号

7つの診療科や病床数維持

3年後移転新築JCHO病院

7つの診療科や病床数維持

4月7日号

仙石原の鹿柵、年末頃設置へ

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/