箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

噴気出るミニ大涌谷

文化

仙石原の模型作家が製作

温泉ができるまでの過程も見るだけで分かる
温泉ができるまでの過程も見るだけで分かる

 大涌谷の町営ジオミュージアムに、先月精巧なミニチュアがお目見えした。

 町の依頼で製作を手掛けたのは仙石原の模型職人・坂本敬洋さん(52)。幅30cm、長さ90cmのジオラマには地下から温泉をくみ上げるポンプのほか、火山ガスと水を混ぜて温泉を造成する蒸気井も立っており、噴気に見立てた煙まで出てくる。坂本さんは過去にゴルフ場や建築物の模型なども作っているが、こうした噴煙地は初挑戦。「特にガスで変色した地面は再現するのに苦労しました」。役場関係者に助言してもらったり、現地で撮影した写真を見ながら、約1か月半かけて仕上げたという。
 

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク