箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

箱根で開かれた子ども食堂「ハッピーダイナー箱根“PPAP”」で調理を担当した鈴木 美貴さん箱根町在住 53歳

その夕食を、もっと幸せに

 ○…初開催だったものの、賑わいを見せた子ども食堂。「鈴木さんの料理が食べられる」と駆けつけた親子連れもいた。湯本富士屋ホテルのシェフとして、湯本小や箱根中の元PTA会長として顔は知られている。集会所の小さな台所で肩を丸めて菜箸を振るう姿は、シェフというより家族サービス中のお父さん。献立は子どもの好き嫌いが少ないポークソテーを選び、食べやすく刻んだ。皿洗いを手伝う保護者に囲まれ「柔らかく焼き上げるコツもお教えします」と恐縮した様子。

 ○…実家は横須賀の焼き鳥店。小さい頃から両親は夜遅くまで働き、家族全員での夕食は貴重なひと時だった。家庭の方針だったのか「嫌いだったナスが様々な料理で何度も出てくるんです。もちろん今は大好物」。親の背中を見ているうちに調理師の道を志すようになり、横須賀の商業高校を経てホテルに入社。朝からひたすら野菜の皮をむく下積みが始まった。「怖い料理長に試食用の料理を運ぶ時は緊張しましたね」。今回献立に選んだポークソテーを料理していると、若いころにグリルを任された時の嬉しさがよみがえる。今では洋食料理課長として数百人分もの調理現場に立つことも。仕事を終えて帰宅すると、疲れた足を高くして眠りに落ちる。

 ○…学生になった2人の子の弁当を、今でも詰めるようにしている。しかしここはサービス業が支える町。PTA活動や町の人権擁護委員などを務めるうちに、夜に親が不在な家や、朝食がとれていない子、コンビニ弁当の子がいる事を知った。そのせいか職場で「子育てちゃんとやれよ」「地域と交流しろ」が口癖になった。そんな中、PTA仲間の千葉哲也さん(=表面に関連記事)から持ちかけられたのが今回の企画。二人三脚で食材調達から前日からの仕込みなど苦労もあったが、ふたを開けてみれば「おかわり!」の連続。「やってよかった」と顔は緩みっぱなしだった。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

小林 良夫さん

ゆがわらハロウィン2017優勝の大型衣装を作った

小林 良夫さん

11月17日号

石村 郁夫さん

ススキ草原の清掃を続ける仙石原温泉旅館組合で組合長を務める

石村 郁夫さん

11月3日号

藤田 直子さん

「インドア・ローイング」の国際大会に日本人でただ一人出場した

藤田 直子さん

10月20日号

兼子 栄司さん

第101代小田原警察署長に就任した

兼子 栄司さん

10月6日号

小林 和正さん

ゆがわらハロウィン2017の実行委員長

小林 和正さん

9月22日号

森 操さん

真鶴音頭岩音頭保存会会長を務める

森 操さん

9月8日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク