箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

土屋議長ら忠州走る開幕式では文大統領と同席

文化

聖火トーチを持つ議長(右)
聖火トーチを持つ議長(右)
 湯河原の土屋誠一議長など町議4人が10月19日から4日間の日程で姉妹都市の韓国・忠州市を訪れた。 「第98回全国体育大会」と「弥勒文化祭」に参加、「聖火リレー」では土屋議長と善本真人議員、室伏寿美夫議員、石井温議員が湯河原町旗を持ち、聖火に続いて500mほどを駆けた。開幕式では議長が特別観覧席に案内され、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と同じ側から見学する一幕も。訪問中は市長や議会などが晩餐会を開いて町議らを歓待。李鐘甲(イ・ジョンガップ)市議会議長の案内で議会棟などを見学して回った。

 忠州市はソウルから100Kmほど離れた韓国のほぼ中央部にあり、人口は湯河原の8倍ほどの21万人。23年前から姉妹都市関係にあり、夏のやっさ祭りにも副市長が訪れていた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク