箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

ゆがわらハロウィン2017優勝の大型衣装を作った 小林 良夫さん 熱海市泉在住 54歳

凝り性は疲れ知らず

 ○…湯河原町をあげた一大仮装仮装大会で、客席を驚かせた”仕掛け人”。ジブリ映画のファンだったこともあり「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵の衣装を製作。「舞台に上がるのが恥ずかしい」と親類に頼みこんで着てもらった。高さ3m、もはや衣装というより大道具である。発泡スチロールやアルミホイルを使い、ボディを金属らしく仕上げた。こうした加工は地元青年会の山車づくりで慣れっこだ。「賞金に惹かれたんですよね。優勝したのに、家族からは『大人気ない』って言われました」とぽつり。賞金は神棚に供えているが、大部分は材料費で消えるらしい。

 ○…沢の流れが響く山間部で生まれ育つ。少年時代は野山で同級生と鬼ごっこに駆け回った。今は子どもの数が減っているせいか、遊びに行く長男を車で送り迎えする事がある。「今の子はゲームですよね。竹馬を作ったことがあるんですけど、あんまり使ってもらえなくて」と頭をかいた。小さい頃からモノづくりが好きで、湯河原中学校を卒業後は小田原城北工業高校へ進学。楽器製造の工場で働いた後に泉に戻り、3代続く実家の植木屋を継いだ。地元の消防団や青年会に入り、静かな山に根付いた人の絆に惹きこまれた。

 ○…晴れれば早朝から作業に出かけ、雨なら家でひたすら止むのを待つ。台風が続いたこの秋はつらかった。湯河原は昔に比べて寮や保養所が減り、庭の仕事も多くはない。それでも「真面目に丁寧に」という父や祖父のこだわりは守ってきたつもり。真っ暗な夜に作業を終え、ここ最近は晩酌を我慢して例のロボット兵作りに熱中していた。念願の優勝を果たしてひと段落の暇もなく、今は自宅にピザ釜を建設中。庭木はディズニーのキャラクターに刈り上げている最中で、凝り始めたら止まらない。「来年の仮装コンテストですか?計画は言えないなぁ」。日焼けした職人はにんまりと、歯はまぶしい。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

室伏由美子さん

総務大臣表彰を受けた「湯河原録音奉仕会」で代表を務める

室伏由美子さん

12月15日号

田中 良宏さん

芦ノ湖グリーンカップの実行委員長で県モーターボート連盟会長を務める

田中 良宏さん

12月1日号

石村 郁夫さん

ススキ草原の清掃を続ける仙石原温泉旅館組合で組合長を務める

石村 郁夫さん

11月3日号

藤田 直子さん

「インドア・ローイング」の国際大会に日本人でただ一人出場した

藤田 直子さん

10月20日号

兼子 栄司さん

第101代小田原警察署長に就任した

兼子 栄司さん

10月6日号

小林 和正さん

ゆがわらハロウィン2017の実行委員長

小林 和正さん

9月22日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク