箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

コミュニティ真鶴 お菓子作りも 発足から1年「子どものいい場所」 「おかえり」

文化

 毎週火曜にコミュニティ真鶴が、子どもで賑わっている。大人が見守るなか、ゲームをしたりマンガを読んだり。名前と利用時間を書けば過ごし方は自由な「子どものいい場所」。発足から1年が過ぎた。

 自称「おせっかいおばさん」の中村恭子代表(58)は、高校生の頃から子どもたちの野外活動などに携わってきた。真鶴には児童館がない分、町教委による「放課後子ども生き生きクラブ」が週3回ある。その合間の火曜に「子どものいい場所」を開くことにした。発想から開催までは準備に1年半をかけ、近隣の「子ども食堂」を視察したり、協力を求めて頭を下げた。

 今では子どもたちが「場所」に来ると「おかえり」が自然に出てくる。11月25日には「食卓の場」を開き、大人と子どもでスイートポテト作りを楽しんだ。告知ポスターは高校生スタッフ・佐々木芽流さんの手作り。中村さんは「あと10年は続けたい。通っている子どもたちが中学や高校に上がって、悩みがあったら立ち寄れる、より所になれれば」と話していた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

思い出の遊具前に撮影

メリーメリーメリーカップ

思い出の遊具前に撮影

12月1日号

組合の請求棄却、控訴へ

「小田原かまぼこ」商標訴訟

組合の請求棄却、控訴へ

12月1日号

「小田原から世界へ」

映画・二宮金次郎伝

「小田原から世界へ」

12月1日号

粋な振る舞い110杯

湯河原の行列店主

粋な振る舞い110杯

12月1日号

沼津にも「ららぽーと」

先月から開発着手

沼津にも「ららぽーと」

12月1日号

鈴木君が全日本V

湯河原中学校3年

鈴木君が全日本V

12月1日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月1日号

お問い合わせ

外部リンク