秦野版 掲載号:2012年3月1日号

秦野市

放射線検出器を独自購入 社会

調理後給食など検査

古谷義幸市長
古谷義幸市長

 市では2012年度の新規事業として、独自に検査機器を購入し、学校給食等で放射性物質検査を実施する。検査業務は東海大学に委託する。福島第1原発事故の発生以降、市民に高まる放射能に対する不安を払拭することがねらい。自前の機器を持つことで、民間委託した場合との比較で費用の縮減も図られる。

 市が導入を予定しているゲルマニウム半導体検出器は、厚労省による規制対象の人工放射能(セシウム134・セシウム137・ヨウ素131)が検出できる。1台約1500万円で、市によると現在県内で同検出器を持っているのは県、横浜市、川崎市、鎌倉市だけだ。

 放射線物質検査の事業費は2811万円で、同検出器ほか機材の購入費用など、初期投資が大きい。

 2年度目以降は、計画する2100件の検査にかかる費用が約600万円。同数を民間委託した場合は約3900万円で、大幅に費用が抑えられる計算だ。

 機材の設置・管理および実際の検査は、東海大工学部原子力工学科に委託する。専門知識を持つ大学の協力により、市では「検査結果の分析・講評なども提供してもらい、より信頼の置ける調査結果が入手できる」と話す。

 ただし同検出器には震災以降各方面から多くの注文が寄せられており、納品まで3カ月〜6カ月程度かかる状態が続いている。

調理後の給食を毎週検査

 市では、子どもが放射性物質に対する感受性が高いとされることから「子どもを守る」との観点で対策を講じるとしている。

 年間の検査計画で大部分を占めているのが、毎週実施する保育園(公立5・民間14)と小学校(全13校)の「調理後の給食」の検査(※幼稚園・中学校では給食は提供されていない)。各小学校等で提供された1週間分の給食をミキサーにかけ、対象の放射性物質を測定する。

 ほかに実施予定の放射性物質検査は、保育園・幼稚園・小中学校の園校庭の「土壌(55検体/年)」、水道局管理の「取水場(30検体/月)」、下水処理場の「下水汚泥(1検体/週)」など。

 検査結果は市ホームページで公表されるほか、各学校等を経由して保護者に知らされる予定。
 

関連記事powered by weblio


秦野版のトップニュース最新6件

分娩再開向け新たな組織

秦野赤十字病院

分娩再開向け新たな組織

7月2日号

地元初ライブを開催

シンガーソングライター草山昌美さん

地元初ライブを開催

7月2日号

「秦野の雰囲気 描きたい」

全国いそじ大会出場

バレーボール秦野A

全国いそじ大会出場

6月30日号

ラオス人と畑で交流

動物愛護に音楽で一助

女性獣医師の会

動物愛護に音楽で一助

6月25日号

夏休み限定お得なランチ情報

五目麺フェア(8/1~31)、日替わりランチ(8/1~9/30)

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

暗闇でお絵かき

宮永美術館で子ども講座

暗闇でお絵かき

8月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/