秦野版 掲載号:2017年3月11日号

12年間務めた「広畑ふれあい塾デジタル写真教室」の講師を3月末で引退する

野川 明美(あきよし)さん

渋沢在住 77歳

穏やかな情熱カメラマン

 ○…「受講している生徒の皆さんに写真の楽しさやおもしろさを伝えてきた」。2005年から12年にわたり講師を務め、これまでに教えてきた生徒は約300人を数える。「ピントや構図が合っていること、色を調整することが大事だということを教えてきました」と真剣な眼差しで語る。

 ○…1940年、箱根町に生まれる。後に太平洋戦争が始まり、日本各地で食糧難に陥る中、「裏山にぶどうや山菜ができていてよく採りに行っていた。あけびができたら木に登って採っていましたよ」と笑う。中学時代は陸上部に所属。3キロや5キロなどの長距離を走った。中学卒業後は運送会社やタクシー会社の事務員、ハイヤーの運転手などの仕事をしたのち、自動車のキャブレターを製造する会社に就職。「薪ストーブを使って出た蒸気で動かす車を知って、興味を持っていた。仕事を通して組み立てや設計などの部署に友人が多くできたことで、楽しく仕事をさせてもらった」と笑顔を浮かべる。職場内に釣り好きな人がいたことがきっかけで、休日になると様々な場所に鮎などを釣りに行った。「朝4時ごろには出発して、神奈川県内だけではなく静岡や新潟、奈良にまで行ったこともありましたよ」とほほ笑む。

 ○…退職後、妻と一緒に北海道から九州まで出かけ、写真撮影の旅をした。マイカーの総走行距離は20万キロを超える。「体の続く限り、写真の魅力を伝えていきたい。様々なコンクールや大会で賞を取ることよりも、今そこにある風景を撮ることを楽しみたいんです」と語る。「カメラは健康器具。写真を撮りに様々な場所を歩くから健康でいられるんだよ」としみじみ。現在の楽しみは、昨年の高校総体や国体の陸上女子400メートルで優勝した孫の活躍を見ること。「ゴールした瞬間を写真に収めたかったが、興奮してそれどころじゃなかったよ」。そこには祖父の表情があった。

LPガスをもっとオープンに

カナエルは料金を公開しています

http://www.kana-l.co.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6件

小田(おだ) 大雅(たいが)さん

日本ジュニア室内陸上競技大阪大会の走幅跳で優勝した

小田(おだ) 大雅(たいが)さん

3月25日号

井口 惠さん

秦野市介護支援専門員協会の会長を務める

井口 惠さん

3月18日号

松邨(まつむら) 賀太(よしもと)さん

歴史作家で観光コンサルタントとして多数の著書を出版している

松邨(まつむら) 賀太(よしもと)さん

3月4日号

村上 洋さん

2月10日に開設した「村上いちご園」の園主を務める

村上 洋さん

2月25日号

津田 哲平さん

東海大学チャレンジセンターの熊本復興支援プロジェクトでリーダーを務める

津田 哲平さん

2月18日号

石塚 雅樹さん

丹沢星の会で会長を務める

石塚 雅樹さん

2月11日号

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新展示「悠久の美」

宮永岳彦記念美術館で

新展示「悠久の美」

3月15日~9月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/