秦野版 掲載号:2017年3月16日号

観光協会

ロケ地ガイドでまちをPR 社会

映画「じんじん〜其の二〜」

出来上がった冊子を手にする勅使川原さん
出来上がった冊子を手にする勅使川原さん
 秦野市観光協会(市川和雄代表理事)がこのほど、秦野が舞台の映画「じんじん〜其の二〜」の撮影スポットや映画ストーリーなどを紹介したロケ地ガイドを制作。スローシネマ方式で展開する全国の上映会場で来場者に渡し、森や水など観光資源が豊富な市の魅力を発信していく。

 映画「じんじん〜其の二〜」は、市内在住の映画監督、山田大樹さんがメガホンをとった作品。北海道で絵本の里づくりを進める剣淵町(けんぶちちょう)で撮影された第1作に続く、「じんじん」シリーズ第2作目。企画・主演は俳優の大地康雄さんで、主人公の立石銀三郎を演じている。

 其の二の撮影シーンでは、たばこ祭会場の再現に700人の市民がエキストラで参加するなど、官民挙げて映画撮影に協力。2月24日、25日に行われた「完成披露特別先行上映会」には秦野市文化会館に4000人が訪れるなど撮影を通して、市に一体感をもたらしている。

 じんじん〜其の二〜は、5月頃に劇場公開され、その後は地域上映会などにより時間をかけて全国で公開されていく予定。

 映画を見た人たちに、秦野市の魅力を知ってもらおうと、ロケ地ガイドでは、キャストや物語の紹介と共に、観光協会が所有する市内の観光スポットの写真データと映画撮影時のスチール写真がふんだんに使われており、撮影地がマップで紹介され、映画と照らし合わせて楽しめるものになっている。

 同会の勅使川原千春専務理事は「市制施行60周年記念事業でこの映画の企画が始まりました。ガイド冊子が映画を見た人に舞台となった秦野を訪れてもらうきっかけになってもらえれば」と話している。

 ロケ地ガイドはA4サイズの二つ折りで、表紙を含め16頁。1万部発行。上映会場が増えていけば、増刷なども検討している。問合せは観光協会【電話】0463・82・9648へ。

マップに撮影場所が紹介されている
マップに撮影場所が紹介されている

LPガスをもっとオープンに

カナエルは料金を公開しています

http://www.kana-l.co.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

羽根トンネル貫通

新東名高速道路

羽根トンネル貫通

3月25日号

人事異動を発表

秦野市

人事異動を発表

3月25日号

秦野初の朝市サミット

山田和樹氏  市民を指揮

第29回丹沢音楽祭

山田和樹氏 市民を指揮

3月23日号

笑顔で園舎に「ありがとう」

上幼稚園

笑顔で園舎に「ありがとう」

3月18日号

およそ130人が応募

ランチフェス

およそ130人が応募

3月18日号

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新展示「悠久の美」

宮永岳彦記念美術館で

新展示「悠久の美」

3月15日~9月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/