秦野版 掲載号:2017年3月18日号

ランチフェス

およそ130人が応募 経済

アンケート結果も集計

参加店舗一覧が記載されたスタンプラリーの用紙
参加店舗一覧が記載されたスタンプラリーの用紙
 秦野市内の37の飲食店が参加して、初めて開催された「はだのランチフェスティバル」。1万円の商品券が当たるスタンプラリーの応募者がおよそ130人にのぼったことが明らかになった。

 このイベントを主催した秦野商工会議所観光飲食部会は「初めての試みのため、手探り状態だった。どの程度参加いただけるか不安もあったが、100人を超える応募があり反応はまずまず」と感想を話す。

期間延長求める声

 同部会では、スタンプラリーの集計に合わせて参加店舗にアンケートも実施した。その中で最も多かった意見が実施期間についてだった。今回はおよそ3週間程度の期間だったが「2カ月程度期間が欲しい」「もう少し期間を長くしてほしい」と言った感想が多く寄せられた。また利用者の多くが土・日に集中した店舗もあり、「開催期間の最終日を日曜日までにしてほしかった」といった意見も聞かれた。

 また、「用紙に切り取り線があると良かった」「同じお店に5回来れば良いと思っていたお客様がいた」「スタンプラリーの賞品は参加店舗の食事券が良かったのでは」などと言った要望が挙げられた。

「売上・来店者増えた」

 その一方で、「新規のお客様が増えた」「参加して良かった」など、この取り組みを評価する声も多数挙がっている。中にはこのイベントに向けて新商品を開発した店舗もあり「新メニューを考える良い機会になった」といった前向きな意見も見られた。

 昨年同時期と比較した来店者数と売り上げに関しては、「どちらも昨年と変わらない」といった声が多くきかれたものの、「売上、来店者数ともに増えた」という意見もあり、中にはどちらも15%伸びたという店舗もみられた。

来年以降も継続へ

 スタンプラリーに応募した市民の1人は「この企画に応募するのは主婦など女性が中心ではないか?今回は応募したくてあちこち廻ってスタンプを集めたが、1カ月弱の期間の中で5店舗を巡るのはハードルが高かった。3店舗位とするか、もっと期間を長くした方が応募する人が増えるのでは」と言った指摘もあった。

 同部会では「今回、市民に対する周知が行き届かなかった面もある。さらに参加者が増え、市内飲食店の活性化につながるよう、今回のアンケート結果なども参考にさらに工夫し、来年以降も続けていきたい」と話した。

関連記事powered by weblio


秦野版のトップニュース最新6件

阿蘇佳一氏が議長再登板

県代表として事例発表

南が丘元気っ子クラブ子ども会

県代表として事例発表

9月8日号

小田急とまちづくりを推進

秦野市

小田急とまちづくりを推進

9月1日号

大根中吹奏楽 東関東へ

地元企業の仕事を体感

児童館を自治会に譲渡

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/