秦野版 掲載号:2017年5月12日号

「いろり棟」いよいよ完成 教育

6月1日供用開始を予定

昔の秦野の建物を再現
昔の秦野の建物を再現

 表丹沢野外活動センター(菩提2046の5)の敷地に建設されてきた「いろり棟(昔の生活学習館)」が間もなく完成する。供用開始は6月1日の予定。

 この建物は、葉タバコ栽培が盛んだったかつての秦野市の民家を再現したもので、延べ床面積は73平方メートル。明治から大正時代に市内では一般的だった「喰違四間取り(くいちがいよつまどり)」と呼ばれる間取りで囲炉裏を囲む部屋があり、昔の秦野の暮らしが体験できる。利用時間は午前10時〜午後9時で、利用料金は市民の場合1時間あたり600円(市外の人は1200円)。最大10人くらいまで一度に利用できる。

 床や柱、梁など見える部分の木材は、すべて野外活動センターの敷地から切り出された杉やヒノキを加工して使用した。その調達が遅れたため、当初2016年度中に予定されていた完成がずれ込んでいた。室内に古民具やパネルが展示されているほか、台所で調理した食材を囲炉裏にかけて食べることなどもできる。
 

関連記事powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新6件

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水飛沫に歓喜

水飛沫に歓喜

じゃぶじゃぶ池に夏到来

7月1日~9月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/