秦野版 掲載号:2017年5月12日号

神楽殿でアート満喫 文化

曽屋神社で五月祭

甘粕記代美さん(左)の行燈と切り絵作品
甘粕記代美さん(左)の行燈と切り絵作品
 秦野市曽屋の曽屋神社で5月3日〜7日、「切り絵と陶人形とワイヤーアートの三人展」が開かれた。境内の神楽殿を特設会場として、切り絵・行燈作家の甘粕記代美さん、陶人形作家の府川泰行さん、ワイヤーアート作家の植木政光さんの作品が展示された。

 「五月は秦野盆地が美術館になる」をテーマに毎年実施されている五月祭の展示の1つ。境内の落ち着いた雰囲気のもと、市民が足を運んだ。

関連記事powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新6件

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水飛沫に歓喜

水飛沫に歓喜

じゃぶじゃぶ池に夏到来

7月1日~9月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/