秦野版 掲載号:2017年7月14日号

神奈川県薬物乱用防止指導員協議会秦野伊勢原支部の支部長に就任した

高橋 泉さん

弥生町在住 70歳

真摯な表情の中に優しい瞳

 ○…「薬物は一度でも手を出してしまうと、自分の意思で辞めるのは極めて難しい。若者らが薬物に手を染めることを何とか防ぐよう全力で取り組んでいきたい」と力を込める。2007年、知り合いとの縁で同会に入会。これまでにも会員としてキャンペーン活動の最前線に立ち、チラシなどを配布しながら、若者らに声をかけてきた。どんな時でも強く訴えるのは「ダメ。ゼッタイ。」のメッセージだ。

 〇…山形県で生まれ、小学校2年生の時北海道に移り住んだ。1970年、秦野市で司法書士を務めていた叔父のもとへ。雪降る北の大地から越してきて「秦野の冬はこんなに晴れの日が続くのか」と青空を見上げて驚いた。故郷遠く、一人アパートに暮らしながら大学へ通い、アルバイトで生活費も稼いだ。1973年、司法書士の資格を取得。叔父の跡を継いだ。

 〇…知り合いの勧めもあって2005年秦野ロータリークラブに入会。2011年には会長も経験した。「秦野に住んで既に半世紀近く。地域の中で仕事もさせていただいている。やはり地域に対して恩返ししたい」と、様々な役職を務めることへの想いを語る。

 〇…夫婦2人と愛犬と暮らす。大切にする豆柴を夫婦で子どものように可愛がる。時折楽しむ早朝の散歩。夜明け前の薄暗い時を”かわたれどき”と文学的に表すセンスの良さが光る。一方「健康のためだと思って…」と、サプリメントにはまっている。「新しいのが出るとつい試しちゃうんだ」と、いたずらっぽく笑う。そのおかげか70歳になる現在でも「薬のお世話になってない」と胸を張る。

 〇…「75歳までは元気で仕事を続けたい」と力を込める。司法書士の仕事は商業登記や一部の裁判事務、成年後見、遺言や相続に関する業務など、多岐に渡る。「高齢者の話相手になることも多く安心感を与える存在になりたい」と柔らかな表情で微笑んだ。

関連記事powered by weblio


秦野版の人物風土記最新6件

一左さんの独演会大盛況

大津 淳也さん

全日本スポーツチャンバラ選手権大会小太刀二段の部で準優勝した

大津 淳也さん

9月8日号

杉崎 貞夫さん

東日本大震災の被災地を訪問し続ける「支援隊」の代表を務める

杉崎 貞夫さん

9月1日号

福原 美千加さん

動物ふれあい訪問活動や、県動物保護センター建設基金PR活動に取り組む

福原 美千加さん

8月25日号

佐々木 茂良さん

富士山登頂1400回以上の記録を持つ

佐々木 茂良さん

8月18日号

鬼頭(きとう) 莫宏(もひろ)さん

自転車漫画『のりりん』(講談社)の作者

鬼頭(きとう) 莫宏(もひろ)さん

8月11日号

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/