秦野版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

ふれあい館シャッターに絵 文化

西中美術部の部員が制作

絵を描いた美術部の部員
絵を描いた美術部の部員
 西中学校(関野信好校長)の美術部部員が、同中学校のそばにある「西地区ふれあい館」のシャッターに絵を描いた。

 これは地域による学校づくりと中学生によるまちづくりへの参加を目的として同中学校が取り組んでいる「コミュニティ・スクール」の一環。虹の絵を描いたチームの丹澤仁那さん(3年)は「子どもにも親しみやすい絵にしたかった」とコンセプトを話す。また、地域との交流をテーマに描いた久保かるらさん(3年)は「これまで扱ったことがなかったペンキで塗るのが難しかった」と振り返った。また看板の文字も美術部の部員が手がけた。顧問の上野由美子教諭は「生徒たちにとって、表現の一つの手段として今回チャレンジできた。良い経験になったのではないか」と話した。

関連記事powered by weblio


運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク