秦野版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

鶴巻若衆囃子が会員募集 文化

かながわ民俗芸能祭に向け

練習中の風景
練習中の風景
 今年12月3日(日)にはまぎんホールヴィアマーレ(横浜銀行本店ビル1F・横浜市西区みなとみらい3の1の1)で開催される「2017きらめくふるさと かながわ民俗芸能祭」に出演することが決まっている鶴巻若衆囃子保存会(芦川昇会長)。当日4曲を披露する予定の同会では、このイベントに向けて練習を続けている。

 現在の会員は25人。この大会に向けて参加者を募集している。対象は小学校1年生から大人まで。練習は毎週水曜日と土曜日の2回。時間は午後7時から9時頃まで。練習場所は鶴巻地区の落幡神社と石座神社。笛や太鼓、鐘などの他、おかめひょっとこなどの踊りがあり、幅広い年代でチャレンジすることができる。芦川会長は「初めてでも子どもから大人まで楽しめると思います。大きな舞台に立てるチャンスなので、この機会に是非始めてみませんか」と話す。

 問い合わせは【携帯電話】090・8314・4115芦川さんへ。

関連記事powered by weblio


運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク