秦野版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

治療抵抗性統合失調症 医療レポート「クロザピン」の使用登録病院に秦野厚生病院 宮地診療部長に聞く

宮地伸吾医師(精神科・心療内科 診療部長)
宮地伸吾医師(精神科・心療内科 診療部長)
 100人に1人の割合でかかるとされる統合失調症。患者さんのなかには、複数の抗精神病薬の服用を一定期間続けても、「幻聴に悩まされる、自傷他害の恐れがある、引きこもって何もできない」など、統合失調症により引き起こされた状態が長引く、「治療抵抗性(難治性)」統合失調症の人がいる。

 秦野厚生病院(坂井喜郎院長)がこのほど、治療抵抗性統合失調症の治療薬「クロザピン」の使用登録病院になったと知り、宮地伸吾診療部長に話を聞いた。

 ―クロザピン治療とは

 「クロザピン」は世界97カ国で使用され、日本では2009年に認可され使われ始めました。治療効果が評価されている薬ですが、無顆粒球症等の副作用が報告されているため、治療はCPMS(クロザリル患者モニタリングサービス)に登録された医療機関、医師のみで行われています。登録医療機関は全国で約400、神奈川県西部では当院が初登録になります。

 ―治療への流れなどは

 外来受診をしていただき、問診や検査でクロザピン治療が可能かどうか判断します。詳しい説明を受けた後、治療への同意が必要になります。副作用の早期発見や早期対応のため18週の入院、治療中は定期的な血液検査があります。現在当院では3名が治療中で、先に始めた方はコミュニケーションが取れ出すなど良い兆しが出てきています。

*  *  *

急性期病棟で集中治療

 精神科病院は長期入院のイメージが強いが…。同院では「最近では6割の方が3カ月で退院。1年以内では9割が退院。急性期病棟に関しては8割程度が3カ月で退院しています」と紹介する。「就労支援」にも力を入れており、院内のデイケアで就労支援グループを設けて、秦野厚生病院での雇用を促進している。厚労省が企業に義務付けている障害者法定雇用率が2・0%のところ、同院では9・9%の高さを示す。

医療法人社団 厚仁会 秦野厚生病院

秦野市南矢名2丁目12-1

TEL:0463-77-1108
TEL:0463-77-4916

http://www.hatanokousei.jp/

お仕事見学会

11月25日(土)・26日(日)秦野老人保健施設みかんで開催

http://www.hadano.or.jp/

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

ふれあいステージの魅力ライブ

イオン秦野ショッピングセンター専門店街

ふれあいステージの魅力ライブ

11月17日号

「空家のままの実家」「相続させたい土地」どうする

40代50代のための定年後安心セミナー

自然素材でリース作り

秦野赤十字病院の分娩再開は地域20万人の暮らしの課題

「開店記念祭」11月12日まで

楽しいイベントが目白押し

「開店記念祭」11月12日まで

11月10日号

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ロゲイニング丹沢・大山

ロゲイニング丹沢・大山

高得点で鬼頭氏オリジナルグッズ

11月18日~11月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク