秦野版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

保護犬と高齢者施設を結ぶ 活動団体がNPO設立へ

社会

現状報告が行われた会場
現状報告が行われた会場
 1つの高齢者施設に1匹の保護犬を飼う――。「わんtoケアほーむプロジェクト」という名称で今春から活動している民間の活動団体が、特定非営利活動法人(NPO法人)を目指していることが分かった。

 県内で複数の高齢者施設を運営する(株)アプルールの「アプルール秦野」(加藤愛ホーム長)がモデル施設や事務局となり、動物保護団体やボランティアなどと一緒に進めているもので、支援や賛同の輪が広がってきたことから法人格を取得するもの。来年2月頃の設立を予定しており、団体名は(仮称)「ワンちゃんと福祉施設に出来ること」。

 11月18日に開かれた準備会には関係者が20人ほど集まり現状報告が行われた。

秦野から全国へ

 動物愛護ボランティアの内蔵成(くらなり)美佳さんは「動物も家族の一員。欧米では高齢者施設に一緒に入れるのが当たり前で、日本はまだまだ遅れている。伴侶動物による”幸せホルモン”効果の実証もある。この活動が秦野から全国に広がっていくと嬉しい」と話した。

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑手作りの中華おせち料理

本格中国料理を自宅でお楽しみ頂けるよう、豪華に盛り付けました

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

季節の写真展

季節の写真展

風景や動物など45点

12月8日~12月24日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク