優良店舗に北原堂と松屋

2工場と技能者ら16人も表彰

掲載号:2014年11月29日号

  • googleplus
  • LINE

 2014年度の秦野市優良店舗・工場及び技能者が決まり、11月21日に秦野商工会議所で表彰式が行われた。この表彰は、経営の合理化や生産販売などで他の模範となる店舗や工場、技能者らをたたえるもの。今回は、優良店舗に2店、優良工場に2工場、技能功労者に8人、優良技能者に8人が選ばれた。

地域に親しまれる店めざし

 優良店舗に選ばれた(有)北原堂製菓(石田好弘社長/曽屋)は、1950年の創業時から地域に根差してきた和菓子店。昨年、店舗を改装した際も、「これからも地域に親しまれる店に」と、デザイン性より親しみやすさを重視したという。モットーは「食べておいしい、もらって嬉しいと感じてもらえるお菓子づくり」。落花生餡をサンドした「丹沢蒸しどら」は同店の人気商品で、県銘菓にも指定されている。また、この時期は今週発売開始の「いちご大福」を楽しみに足を運ぶ人が多いという。3代目の石田社長は「思いがけず大変な賞を頂き、とても嬉しい。お客様と従業員のおかげ」と受賞の喜びを話した。

「お客様とのおしゃべりも大切」

 肉の松屋(飯塚靖士代表/曲松)は、渋沢駅南口すぐに本店を構える「町のお肉屋さん」。創業は1946年。上州牛や富士湧水ポークなどの上質な国産肉から、唐揚げやコロッケなどのお惣菜まで、地域の人から広く親しまれている。「カウンター越しにお客様とおしゃべりする時間を大切にしている。培った信頼関係を、若い世代に引き継いでいきたい」と飯塚代表。今回の受賞にあたり「これからも努力し続ける」と気持ちを引き締め直した。

 その他の受賞は以下の通り(敬称略・カッコ内は業種)。◎優良工場の部/(株)ツクノ・(株)杉村製作所テクノパーク事業所、◎技能功労者の部/仲村浩(はり・きゅう・マッサージ師)・杉本一郎(自転車組立修理)・横溝安弘(製菓)・綾部昭一(大工)・高野好勝(大工)・大津時夫(板金)・藤原達男(理容師)・大津勝好(屋外広告美術)、◎優良技能者の部/山口秀雄(はり・きゅう・マッサージ師)・山下展弘(製菓)・岡部二郎(植木造園)・栗原英樹(配管工)・寺西秀司(美容師)・田邊秀夫(理容師)・山田洋子(板前・調理師)・海老沢崇(電気工事士)
 

秦野版のローカルニュース最新3件

関連記事(ベータ版)

<PR>