IRポリシー

情報開示の基本姿勢

 当社では、情報の開示に関しまして、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則を遵守し、公平、正確な情報提供を継続的に行ってまいります。

 株主・投資家の投資判断に影響を与えると認められる情報、および当社の理解促進に役立つ情報については、積極的に開示を行います。この結果得られる株主及び投資家からのご意見は経営にフィードバックし、企業経営に活かします。

情報の開示方法

 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開します。また、開示した情報は速やかに当社ホームページに掲載し、適時・公正・公平な情報開示を目指します。

 説明会や各種印刷物をはじめとする情報媒体を通じて、株主・投資家の皆様が分かりやすい情報開示に努めます。

業績予想

 業績予想ならびにその修正に関する発表については、東京証券取引所が定める基準ならびに方法に従って開示いたします。当社の開示資料の中で、計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。過去の事実でないものについては、現時点で入手可能な情報から得られた当社の判断に基づいております。実際は、様々な要素により、これらの見通しとは大きく異なる結果となり得ます。従いまして、これらの見通しのみに全面的に依拠されることは控えていただきますようお願いいたします。

  開示資料は、当社について、より理解を深めていただくためのものであり、必ずしも投資を推奨するものではございません。また当社は、第三者が自己の判断に基いて推定する当社に関する業績予測等に対しては、いかなる支持もいたしません。

社内体制

 当社は、IR業務運営規程および適時開示マニュアルを作成し、IRの主管部を経営企画室と規定し、経営管理部など関連部門からの情報を集約および精査する情報統制の仕組みを整えております。内部牽制機能を充実させることにより、適時、公平、正確な情報開示に努めております。

沈黙期間

 決算情報の漏洩防止を目的として、決算発表予定日の2週間前から決算発表日までの期間を沈黙期間に定めます。この間は、業績予想に関するコメントや質問への一切の情報提供を差し控えます。

 ただし、沈黙期間中であっても、株主・投資家の投資判断に多大な影響を与えると判断した将来情報や重要事実が発生した場合には、適時開示規則に従い、プレスリリース等により情報開示を行います。

IR情報ご利用にあたって

 当ウェブサイトに掲載しているIR情報は、株式会社タウンニュース社(以下、当社)の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。

 また、当ウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。

掲載情報に関して

 当ウェブサイトに掲載している情報に関して、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によりデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、事由の如何を問わずに一切責任を負うものではありません。

将来の見通しについて

 当ウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。

当ウェブサイトの運用に関して

 当ウェブサイトは予告なしに運営の中断、中止や内容の変更を行うことがあります。

 また、通信環境やお客様のコンピュータの状況、その他の理由により当ウェブサイトを正常に利用できない場合があります。これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても責任を負うものではないことを予めご了承ください。