働く環境

褒賞制度

 タウンニュース社の社員は毎月さまざまな褒賞を受けています。通常の人事評価とは別に、記事や写真、企画、営業、製作、管理といった面で社員の自薦他薦ノミネートによっていろいろな賞を付与しているからです。

 例えば、行政の商店街紹介事業に紙面とのタイアップを提案して成功させたなど、企画提案・営業から実際の紙面づくりまで、全ての仕事が評価対象となります。

 最もめざましい活躍をしたと評価された社員を「月間MVP」として表彰。さらに1年を通して頑張った社員に対して「年間MVP」を授与しています。

休日・休暇

 休日は完全週休2日制。日曜日は全社が休みとなりますが、部署によって一番多忙となる締め切りの曜日が異なるため、 週休2日のうち、日曜日以外の1日は締め切りの日を避けた形で取ります。だから、土日の混雑を避けて、 ゴルフに行ったり習い事に通ったりと自分の趣味に没頭したい人には恰好のワークスタイル。平日に休みを取ることができる分、 リフレッシュ度も高いという訳です。年末年始や春期(ゴールデンウィーク)、夏期(8月)には長期休暇も設けられています。

職場環境

 各職場には有線放送の音楽がBGMとして流されています。これは、心地よい音楽を聴きながら少しでも気持ちよく仕事が進められるようにとの配慮から設置されたもの。

 また、編集室の場合、今日1日、どんなスケジュールで働いていくのかも、基本的に各自に任せられています。誰かが行動を逐一指示してくれるわけではありません。 だからこそ、各自で考え、行動していかなければ何も始まらないのです。そして、編集室の各スタッフが毎日をいかに有効に使ったかどうかは、次号のタウンニュース紙面に即、反映されます。 毎号読者に楽しく読んでもらう紙面づくりをする、ということは案外難しいものなのです。

優遇制度

 当社では大手企業でもあまり例を見ない独自の奨学金制度を設けています。勤続3年以上の正社員子弟(被扶養家族)の高校卒業後の進学に対し、 在学中に毎月5万円が支給されます。しかもこの制度は卒業後の返済義務がなく、実質上は奨学手当金といえます。 これは、子どもを持つ社員の負担を少しでも軽減しようというのがねらいです。

 また、福利厚生サービス会社と提携し、家族も含め幅広いサービスが受けられる制度もあり、社員の私生活に彩りを加えています。

 入社後に取得した特定の資格に対して「資格手当」として報奨金支給も行っているのも特長の一つ。最近人気なのは"ご当地検定"。 当社が活動する神奈川県内には「かながわ検定」などのご当地検定があります。地域のオピニオンリーダーとして、誇りと自信を持って仕事をしてほしいという願いのもと、 できたこの制度。資格取得がタウンニュース社員としてのスキルアップにもつながるのです。