青葉区版 掲載号:2011年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 CO₂相殺量、年ごとに倍増 「見える化」などに課題

 横浜市内の会議やイベントで導入された「カーボン・オフセット」のCO2相殺量が、2008年から年ごとに倍増していることが分かった。地域でのイベントでも導入され始めており、横浜市は更なる導入増を目論むが、取り組みの「見える化」が必要など課題もある。

 二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を相殺する取り組み、カーボン・オフセット。企業や団体、市民などが、イベントなどにおける同ガス排出削減の困難な部分について、他の場所で実現した排出削減量(クレジット)を購入したり、他の場所で排出削減を行ったりするもの。

 横浜市では2008年度から導入しており、市や市内民間企業が実施したオフセットは、市が把握するところでは08年から昨年まで各年9件。件数は変わらないものの、相殺されたCO2は約190t、約350t、約880tと年ごとに倍増している。880tは、07年度における市民155人分の同ガス排出量に相当する。倍増の要因には、比較的大規模なオフセットの実施が挙げられる。09年には、神奈川新聞社など14社が横浜ベイブリッジの景観照明で発生するCO2に対して実施し、約200tが相殺された。また昨年には、APEC首脳会議の会場となったパシフィコ横浜(西区)やその周辺で排出されたCO2に対して、市が販売する飲料水「はまっ子どうし」の売り上げ金の一部をクレジット購入に充てるなどして約715tが相殺された。

 地域へ広がる兆しもある。09年には、多くの区民が参加する中区民まつりで、市の区民まつりでは初めて実施され、昨年には戸塚区の川上地区連合町内会主催のレクリエーション大会で、地域単体のイベントでは市で初めて実施された。

認知度向上めざす

 一方で、市民には取り組みが見えづらいといった課題もある。APECでは、飲料水の販売時にチラシを配布してCO2相殺量を周知したが、イベントによっては周知しないケースもあった。また年ごとなど、一定期間での相殺量も発表していない。市は「各地域が自主的に導入することが理想」とし、今後、各区の区民まつりでの導入を目指すほか、相殺量の周知を強化するなどして更なる認知度向上に努めていく方針だ。
 

青葉台で創業30周年の横濱鳥鮮

美味しさは新鮮な食材と確かな技術の証!産地直送ヒナ鳥の鶏料理が大好評!

https://www.facebook.com/yukari.ogawa.5076

NPO法人 青葉の樹

こころの障害を持った方の自立を

http://home.d08.itscom.net/aobanoki/

地域に愛される郵便局を目指して

離れて暮らす高齢の家族の「みまもりサービス」、好評受付中!全国どこでも対応可

https://www.post.japanpost.jp/life/mimamori/

明日をつくる。明日の株式会社

WEB・DTP制作、ショップサポート、ブランディング、イベント企画

https://ashitano.co.jp/

地元で設立44年の桜台商店会

顔が見える優しいお店、頼れる専門家が勢揃い!お買い物やお食事は桜台へ!

https://www.sakuradai-shop.com/

たまプラーザ駅前通り商店会

ようこそ!美しい街たまプラーザへ!

https://www.tamapla-ekimae.shop/

オーダー家具のウッディハート

使い込むほど味わい深い、温もり溢れる木の家具。オーダーカーテンも始めました!

http://www.w-heart.co.jp/

一幸電子工業株式会社

ビジネスホン、デジタルカラー複合機、監視カメラ等のOA機器の販売・据付工事店

http://www.ichiko-e.co.jp/

たまプラーザ駅5分3丁目カフェ

60名収容、プロも認める音響設備!アットホームなパーティーが評判!

http://3choome-cafe.com/

JA横浜

あなたの街に あなたのそばに

http://ja-yokohama.or.jp/

青葉区連合自治会長会

自治会・町内会に加入しましょう!

http://www.aobakuren.net/

起業支援施設まちなかビズあおば

住所貸し・フリーデスク・勉強会など、地域とつながるビジネスの拠点に!

http://oichi.org/machinaka-biz-aoba

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

熱中症の救急搬送急増

いかだ遊びで川に親しむ

区内6カ所が不適合

ブロック塀等調査

区内6カ所が不適合

7月26日号

ネットの危険 子どもに 

活動支援センターが移転

青葉区

活動支援センターが移転

7月19日号

区内から義援金を

西日本豪雨

区内から義援金を

7月19日号

残暑お見舞い申し上げます

メディカルモールたまプラーザ

医院・薬局で地域の健康を総合的に支えます

http://mm-tamapla.com/

伊藤忠紙パルプ株式会社

新しい価値を創造する 新しい形態の紙流通会社

https://www.itcpp.co.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

荏子田・青葉応援団運営委員会

誰かを応援するってなんだかとっても気持ちがいい!!

https://aobaouen.wixsite.com/home

グレースハープ横浜

たまプラーザのハープ教室で、憧れのハープを気軽に体験!

http://yokohama-harp.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

真夏に感じる南国の風

真夏に感じる南国の風

寺家で2つの企画展

7月14日~8月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月2日号

お問い合わせ

外部リンク