青葉区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

10月に開所した通所介護施設『ちろりん村』のロゴをデザインした 阿部 友紀子さん 横浜美術大学 4年

感動与えるデザインを

 ○…アンテナを頭に乗せ、縁側を持つ茅葺屋根の家がにっこり笑う。通所介護施設の利用者世代が生きた、日本の戦前から高度経済成長期に思いを馳せて、温かみのあるキャラクターに仕上げた。施設のロゴとして送迎バスなどに使用される。「自分史を作るなら、間違いなく太字で記される出来事」。自身の作品が社会で役割を担うことに期待が高まる。「変わらず、多くの人に愛されるロゴであって欲しい」、そう願いを込める。 ○…東京都調布市出身。幼い頃図書館司書の母親が読み聞かせてくれる絵本が大好きだった。シンプルな線や色彩、動物を擬人化したキャラクターは今の作風の原点に。自身の作品でたびたび登場させる『クマ』のキャラクターは、幼い頃お気に入りだったテディベアの人形が影響している。「愛らしい表情が魅力。ポーチや定期入れ、部屋はクマだらけ」。もはや自身のトレードマークになった。

 ○…人気デュオ『ゆず』の大ファン。美術を志す幼馴染に誘われたライブで、音楽や世界観に魅了された。今年は沖縄を含む7公演を見に行き、「バイト代が消えました」と苦笑い。タオルやTシャツなどツアーグッズは全て購入。自分ならどんな風にデザインするか幼馴染と談議するのも楽しみの一つだ。衝撃を受けたのはデザイナー森本千絵さんが手がけたグッズ。虹をテーマにした優しい色彩とデザインに、創作意欲が湧き上がる。「美術を真剣にがんばりたい」。決意するきっかけを与えてくれた。

 ○…大学の授業で東北復興をテーマにしたアンテナショップを横浜赤レンガ倉庫で企画した。東北の伝統文化をデザインしたパッケージで特産品を包み、期間限定で販売。「これまで積み重ねてきた土地の歴史や文化はなくならない」、そんな思いを込めた。自分が社会へ出来ることは何か、模索しながら進む。目標は「ゆずのツアーグッズを手がけること」。自分が受けた感動を、今度は与える側に。
 

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

小泉 幸夫さん

新荏田連合自治会長に就任した

小泉 幸夫さん

8月30日号

黒沼 勤さん

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する

黒沼 勤さん

8月23日号

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月16日号

鈴木 智夫さん

「横浜市アマチュア無線非常通信協力会」の会長を務める

鈴木 智夫さん

8月9日号

西 貞義さん

優良団体として「府県等表彰」を受けた山内公園ラジオ体操会の代表を務める

西 貞義さん

8月2日号

小出 弘子さん

横浜あざみロータリークラブの会長に就任した

小出 弘子さん

7月26日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク