青葉区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 脱温暖化モデル住宅を整備 産・学と連携、販売は11月下旬から

社会

一般公開されている脱温暖化モデル住宅(緑区)
一般公開されている脱温暖化モデル住宅(緑区)

 横浜市では、低炭素社会の実現に向け、市と市内企業、大学三者で連携して進めている「横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業」の一環で、市有地(緑区)に脱温暖化住宅11棟を整備する。先月末からモデル住宅が一般公開され、今月下旬から販売が開始される。

 この事業は産・学・官が連携して脱温暖化モデル住宅の整備を誘導するもので市民への普及、環境配慮型まちづくりのモデル構築、市内企業参加による経済活性化などを目的としている。

 市内の新築戸建住宅で現状、国が定める『次世代省エネ基準』を満たしているのは2割。市では今年4月に策定した地球温暖化対策実行計画の中で、2020年度までにすべての新築戸建住宅を適合させることを目指す。同事業はその一環に位置づけられている。

 販売は横浜市住宅供給公社に委託し、販売区画は11区画。定期借地権制度を利用し、価格は3600万円(土地保証金400万円込み)から予定。自然採光、通風を考えた住宅の配置、太陽光発電パネル、消費エネルギーを表示するHEMSの設置など、一般仕様住宅と比較し、CO2削減50%以上を目指す。

 設計、施工、マスタープランを市内大学や事業者から公募、選定された9者が関わる。施工会社として参加する岡山建設株式会社(本社西区)の担当者は「設計や配置の意図を踏まえた提案ができた。計画、設計、施工、各視点が盛り込まれている」と話す。

2週間で見学70件

 一般公開から2週間で来場件数は70件。販売担当者は「100件を目安にしているが、予想以上の反響」という。見学に訪れた女性は「エコへの意識が高まる。維持費、購入費を考えて購入を決めたい」と関心を寄せる。

 市は、住宅購入者に提供してもらう屋内の気温湿度データを公開していく。「市民の環境意識向上や企業の技術開発のほか、2015年度に予定する次の住宅モデルに生かす」としている。
 

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

8月30日号

過去最高の全国6位に

市ケ尾高校ダンス部

過去最高の全国6位に

8月30日号

刷新で喫食率向上なるか

ハマ弁

刷新で喫食率向上なるか

8月23日号

公と民で子育てイベント

「国マガ」続けて50号

求人サイトで中小企業支援

横浜市

求人サイトで中小企業支援

8月16日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク