青葉区版 掲載号:2012年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

シリーズ【3】ハイビジョン胃内視鏡 経鼻内視鏡とどう違うのか?

平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。
平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。

 内視鏡検査には口からカメラを挿入する「ハイビジョン経口内視鏡」と鼻から行う「経鼻内視鏡」がある。国立がん研究センター等で内視鏡診断の修得に励んだ平島院長はハイビジョン胃内視鏡を導入。ミリ単位の病変発見を目指している。毎月”がん”をテーマに連載。今月は「ハイビジョン胃内視鏡」と「経鼻内視鏡」との違い。

 「見逃されてしまうような微細な病変の早期発見をするには、検査時の”画像の解像度”が重要です」。鼻から挿入する経鼻の場合、細い鼻腔に通すため、カメラの管は細く、観察レンズも小さい。「また、視野が狭いため、画像の解像度が低く、光源も暗くなりがちです」。そこで同院は、広い視野や高解像度、明るさをより確保できるハイビジョン胃内視鏡を導入。「管は経鼻に比べ若干大きいですが、身体の負担を少なくするため、軽い鎮静剤を用いた”オエッ”とならない身体に優しい検査を行っています」

 軽い鎮静剤を用いたハイビジョン胃内視鏡では、胃に空気を入れて表面を十分に伸ばすことができるため、ヒダの間に隠れた微小な病変も発見し易い。同院では、病変を100倍拡大できる機能や悪性度が分かる特殊染色・特殊光(NBI)を併用した診断も行っている。

【次回は、鎮静剤使用の利点について】
 

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月1日号

お客様大感謝祭3days

auショップ青葉台店 2月10日(土)・11日(日)・12日(祝)

お客様大感謝祭3days

2月1日号

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

先週の寒波で必要性を痛感

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

2月1日号

プレスクール3クラス募集開始

未就園児のための

プレスクール3クラス募集開始

2月1日号

税制改正大綱と財産管理術

「一生モノ」無垢一枚板フェア

葉山ガーデン横浜長津田店

「一生モノ」無垢一枚板フェア

2月1日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク