青葉区版 掲載号:2012年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

インフルエンザ区内でも流行 「春までは注意が必要」

 横浜市では2日、1定点医療機関当たりの1週間の患者報告数が30人を超え、インフルエンザ警報を発令した。青葉区では定点当たり、25・55、学級閉鎖をした小中学校の数が17となり本格的な流行に入ったといえる(2月2日現在)。

 横浜市衛生研究所によると、区内定点の数値の推移は第1週(1月2日から8日)0・44、第2週(1月9日から15日)1・91、第3週(1月16日から22日)11・55、第4週(1月23日から1月29日)25・55。横浜市と同様、第3週から定点10を超える注意報レベルに達し、更に第3週から第4週の患者数が2・2倍に増えている。

 学級閉鎖をした区内小中学校は第3週7校、第4週9校。横浜市の担当者は「市全体の数をみると、このまま行けば昨年を上回るペース」と話している。

昨年より遅めの傾向

 また、昨年同時期では、第3週25・27、第4週42・55、第5週37・50。第4週にピークを迎えた昨年と比較すると、今年はやや遅めの傾向といえる。更に、過去5年の市の流行推移を見ると、3月に再び患者数が増える傾向にある。

 このことについて「現在検出されているAH3型が落ち着いた後、B型が流行ることもある。2度かかることもあるので、引き続き注意が必要」と市の担当者は話している。
 

青葉区版のローカルニュース最新6件

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク