青葉区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

寺家ふるさとの森 散策ルートを明確化 柵やロープ設置で環境保全

社会

田んぼからの進入を防止する梅林の柵
田んぼからの進入を防止する梅林の柵

 区内寺家町の「寺家ふるさとの森」で来月23日まで、園路などの改修工事が行われている。進入禁止の柵や正しい園路の誘導など、ルート作りによる田園環境の保全と安全な利用を目的としている。

 寺家ふるさとの森は横浜市が指定する区内唯一の市民の森で、昭和58年に開園。田園景観の保全地区である「寺家ふるさと村」の一角を占めている。

 今回の工事は横浜市が「市民の森を安全に利用してもらう」ことを目的に計画。森の西側に位置する園路(大池から三叉路まで)の木製階段の改修や手すりの設置、転落防止や進入禁止のための柵設置(6カ所)、森の案内板(2カ所)、来訪者へのマナー啓発を促す看板の設置(4カ所)などが行われる。

「正しい園路を歩いて」

 柵が設置された梅林は、来園者が訪れる際、私有地の田んぼを横切ることが問題視されていた場所。寺家ふるさと村の総合案内所『四季の家』には「田んぼは歩く人の足がとられて危ないのでは」「通るときに水田に泥が入り、農作物に影響しないのか」という利用者の声も寄せられていた。  市から委託を受けて森の維持管理を行う『寺家ふるさとの森愛護会』では「畦道を通る人が多く、畔がツルツルに。今回設置した柵で、畦道が梅林への道と思っていた人に、正しいルートを誘導できれば」と話す。

 また、工事対象となった園路では「園路を外れて歩くことで土の流失が起きている場所もある」(横浜市担当者)。階段改修のほか、ロープなどを使用した園路の誘導を計画する。愛護会は「山は自然の動植物も楽しめるが、危険も多い。道を外れず、安全に散策をしてほしい」と話している。
 

青葉区版のトップニュース最新6件

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

従業員の健康増進で評価

節目迎え記念講演

民生委員制度創設100周年

節目迎え記念講演

1月25日号

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月18日号

全日本ボブスレーで2冠

もえぎ野中瀬間教諭

全日本ボブスレーで2冠

1月18日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク