青葉区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

“自主避難ママ”集える場を 区内への避難者らがサロン開所

『てとて』のメンバーと支援者ら。俳優の山本太郎さんも情報交換に訪れた。
『てとて』のメンバーと支援者ら。俳優の山本太郎さんも情報交換に訪れた。
 東電福島第一原発事故による放射能汚染を懸念して、青葉区や緑区へ自主避難してきた福島県の母親たちが、「同じ境遇の母親たちが交流できる場を提供したい」と作ったサロン『福島自主避難ネットワーク・てとて』が来月3日、東京・品川区に開所する。

 同サロンは、福島県から青葉区へ自主避難してきた富塚千明さん、緑区へ自主避難してきた磯海(いそがい)寛元・未亜さん夫妻らが中心となって結成したもの。自主避難者は、仕事や経済的な問題から夫と離れて母子のみで疎開するケースが多い。また、地域ごとにまとまって避難している強制避難区域の住民とは異なり、全国に散り散りになっているため、避難先で孤立することもあるという。これまで富塚さんらは、母体となる団体『福島避難母子の会In関東』で、避難者や支援者らとの情報交換や交流会などを実施。主にツイッターやブログなどで情報を発信してきたが、支援者が無償で事務所を提供してくれることになり、品川でのサロン設立に至った。代表の富塚さんは、「とにかく情報が足りなかった震災直後は、同じ境遇のお母さんたちとの情報交換で、ずいぶんと助けられた。同じように避難先で不安や孤独を感じているお母さんたちがほっと一息つける場になれば」と話す。

 3月下旬。富塚さんは、夫を郡山市に残し、10歳の長男と二人で実家のある川崎市宮前区へ自主避難。「子どもへの安全性を第一に考えた」という。その後、県が提供する市が尾町の支援住宅へと移住した。

 福島県の発表によれば、震災や原発事故における県外への避難者は、少なくとも6万人。神奈川県には延べ2千人が避難している(昨年12月時点)。青葉区役所では、「個人情報保護の観点から避難者の開示はできず、すぐに避難者同士を結び付けられないのが現状」と話す。そのため、区内への自主避難者が、同じ境遇の家族と接点が持てない状況が続いているという。

来月3日、開所イベント

 今後、同所では支援者らとの情報交換や交流会を開催するほか、自主避難者向けフリーペーパー『てとて』を発行。来月3日13時からは、オープニングイベントとしてDVD上映や質疑応答などを実施する。「周りに自主避難している家族や支援者がいれば声を掛けて欲しい」と富塚さん。問合せは、同サロン(東京都品川区戸越5の14の17【電話】03・3785・5666)へ。

青葉区版のトップニュース最新6件

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク