青葉区版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区民謡民舞会の会長に就任した 吉村 正巳さん 美しが丘在住 71歳

謡(うた)い継ぐ郷土の心

 ○…区内の民謡、民舞を習う300人以上が所属する青葉区民謡民舞会。その先導役を担う。「偉大な先輩たちが多く、自分はまだまだ器じゃないよ」と柔和な物腰が印象的だ。今月27日に開催される青葉区民謡民舞大会は、会員が一堂に集まり、発表する年に一度の大舞台。役員とともに、舞台作りや当日の段取りなど準備に奔走する。「青葉区の方、特に若い方に民謡、民舞をもっと知ってもらいたい」と意気込む。

 ○…民謡を始めたのは40年前。姉が興した部品工場を手伝っていた頃、得意先との接待も多かった。お酒の席では”お国の歌”が欠かせない。みんなが故郷に思いを馳せて謡う場で、「自分も持ち歌を2〜3曲持っていれば困らないだろう」と営業心から習い始めた。教室の先生から声の良さを見込まれ、現在の津軽民謡を謡う師匠の元へ。独特の節回し、津軽三味線のテンポに惹きこまれた。民謡は、地域の暮らしや時代を表す。風土や文化、言葉の訛り、歌うほどに、謡い継いできた人々の思いが重なる。「上手く言葉にできないが、心がこみあげてくる」。民謡の魅力をそう語る。

 ○…生まれも育ちもあざみ野。早淵川を泳ぎ、チャンバラごっこで山を駆け回る幼少期を過ごす。4歳で母を、19歳で父を亡くした。「姉や妹たちを支えるためにガムシャラだった」と、部品工場の仕事に明け暮れた。電車が開通していない時代、職場の溝の口まで自転車で通う日々。「自分がやらなきゃ、その一心だった」と振り返る。実は今も板金工場で働く現役の職人。「じっとしていられなくて」。動き回る方が性に合っている。

 ○…主宰する民謡教室は、弟子20人、最高齢は90歳を超える。1年を通して教えるのは1、2曲。「どちらが先に曲に飽きるか、弟子と根競べ」と笑う。謡うほど深くなる民謡の魅力を弟子にも伝えたい。「自分もまだまだ。これでいいと言う終わりはない」。曲に込められた思いを探求していく。
 

青葉区版の人物風土記最新6件

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月1日号

加藤 裕子(ひろこ)さん

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める

加藤 裕子(ひろこ)さん

12月21日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク