青葉区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

被害が深刻化 医療レポート コンタクトレンズ障害 取材協力/青葉台駅内「小川眼科」

 メガネに替わる視力の矯正器具として、定着したコンタクトレンズ。一方で、目のトラブルも確実に増加しているという。青葉台駅併設『小川眼科』の小川泰典理事長に”コンタクトレンズにおける重篤なトラブル”について話を聞いた。

外国製”カラコン”に警鐘

 「まず親御さんからも注意を促して欲しいのは、お子様のカラーコンタクトレンズの装用です。特に、女子高生や大学生による目の被害が深刻化しています」と院長。通販やディスカウントショップで購入できる”度無しカラコン”は、「雑貨」に分類され、薬事法の規制外だ。「特に安全基準を満たしていない外国製は、塗料が溶けて眼球に染み出すこともあり、大変危険です。直ちに装用を中止して、眼科へ相談して下さい」。

海・プールでのアメーバ感染症

 これからの時期、注意が必要なのが海やプールでのコンタクトレンズの使用法だ。「海、プールは雑菌の宝庫。中でも厄介なのが、傷付いた角膜にアカントアメーバという原虫が寄生する感染症です。水泳の際は度付ゴーグルを、どうしてもという時は1日使い捨てタイプを利用し、使用後は直ちに廃棄しましょう」。

乱視が強い人は要注意円錐角膜

 「こう見ると、コンタクトレンズが悪者扱いばかりされていますが、実は治療法はハードコンタクトレンズ装用しかないのが、『円錐角膜』という病気です」。

 これは黒目の角膜という組織が薄くなり、眼が円錐状に突出してくるもので、乱視が強い人に多く見られる。自覚症状は「物が歪む・二重に見える・眩しく見える」など。「悪化すると、角膜移植が必要になることもあるので、早めに相談を」。

 同院では専用のハードコンタクトレンズを取り扱う。
 

医療法人社団 泰薫会  小川眼科 青葉台 

横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエアNorth-1 2F

TEL:045-985-8200

http://www.ogawaganka-aobadai.jp

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月1日号

お客様大感謝祭3days

auショップ青葉台店 2月10日(土)・11日(日)・12日(祝)

お客様大感謝祭3days

2月1日号

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

先週の寒波で必要性を痛感

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

2月1日号

プレスクール3クラス募集開始

未就園児のための

プレスクール3クラス募集開始

2月1日号

税制改正大綱と財産管理術

「一生モノ」無垢一枚板フェア

葉山ガーデン横浜長津田店

「一生モノ」無垢一枚板フェア

2月1日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク