青葉区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

視野が半分欠けても気づかない 医療レポート もしかしたら緑内障? 青葉台駅内「小川眼科」

 中高年に多い代表的な眼の病気で、視野が狭くなってしまう『緑内障』。日本には340万人以上の緑内障患者が居るのにも関わらず、その中で治療を受けている人は、ほんの1割程度。「残りの9割の方は自分が緑内障であることすら気づいていない」という緑内障について、青葉台駅併設『小川眼科』の小川泰典理事長に話を聞いた。

 40代では20人に1人、70代では10人に1人の割合で患者が居ると言われる『緑内障』。眼圧の上昇が病因の一つと言われているが、【1】眼圧上昇による眼の痛みが症状として表われる『高眼圧緑内障』、【2】ほとんど自覚症状が無い『正常眼圧緑内障』に分けられる。

 全体の7割を占めるのが後者のタイプで、「両眼の視野が半分欠けても、異常を全く自覚されず、検査結果を見てショックを受ける方も多いです」と小川理事長。低年齢化の傾向があり、交通事故を起こして初めて気づくというケースも報告されている。

 緑内障の怖いところは、多くの場合、自覚症状が無いため気づかないまま進行し、最悪の場合、失明に至ってしまう点にある。また、治療はあくまで進行を遅らせるためのもので、一度失ってしまった視野を取り戻すことはできないという。

 「早期発見には眼検診しかありません。眼底写真を撮影し、眼底の視神経乳頭の形が陥凹(かんおう)していると、罹患している可能性が高くなります。最近では、新薬が出てきて治療法に幅が広がっているので、まず40歳を過ぎたら1年に1回は緑内障検診を受けましょう」。

■同院では眼底などを撮影し、モニターで眼の状態を見ながら説明を受けられる先進の電子カルテを採用。
 

医療法人社団 泰薫会  小川眼科 青葉台 

横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエアNorth-1 2F

TEL:045-985-8200

http://www.ogawaganka-aobadai.jp

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

じねんじょ庵、本日オープン

「蕎麦ダイニング」 青葉台に誕生――

じねんじょ庵、本日オープン

2月15日号

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

春期講習申込受付中

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

2月15日号

感染症になってしまったら

子育てコラム「もみじのおてて」【8】

感染症になってしまったら

2月15日号

『WHY(なぜ)』鍛える自学塾

限定の「獺祭(だっさい)」予約受付中

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク