青葉区版 掲載号:2012年7月19日号

(PR)

O‐­­157やキャンピロバクターなど

夏場の感染性腸炎に注意

取材協力/松田クリニック

松田州弘院長/敬子副院長
松田州弘院長/敬子副院長

 美しが丘西にある「松田クリニック」では、丁寧な問診を重視した診察を夫婦で行っている。内科全般を担当するのが松田州弘院長。今回は同院長に、夏場に多い腹痛や嘔吐などの症状が見られる『感染性腸炎』について話を聞いてみた。

 細菌、ウイルス、寄生虫などが原因となり引き起こされるのが感染性腸炎だ。腹痛や嘔吐・下痢、発熱などが一般的な症状。代表的な菌として、世間を騒がしたのがO­‐157(腸管出血性大腸菌)。この菌は家畜などの内臓から検出されるケースが多々ある。「今月から牛レバーの生食が禁止されました。好きな人には残念でしょうが、生肉はなるべく避け、肉はよく焼くことが感染しない賢い食べ方です」と松田院長。

”たかが腹痛”侮るな

 鶏肉のキャンピロバクター菌、生卵のサルモネラ菌など自然界は菌だらけ。感染性腸炎も重篤なケースは溶血性尿毒症症候群や脳症などを引き起こし、死亡の原因にもなる。「腹痛を侮ってはいけません、子どもや高齢者は特に注意が必要です。軽症でもかかりつけ医に行くべきです。予防法はなるべく生ものを避ける。次に冷蔵庫を過信せず、調理したらすぐ食べる。最後は食事前、トイレ後の手洗いの徹底の3点です」
 

松田クリニック

横浜市青葉区美しが丘西2-6-3

TEL:045-903-3470

http://www.matsuda-clinic.org/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

美しい「着付けのコツ」

青葉台フォーラム

美しい「着付けのコツ」

1月19日号

横浜駅西口『パナソニック補聴器』直営店

無料相談会 開催中

横浜駅西口『パナソニック補聴器』直営店

1月19日号

子どもの療育支援

「いつから行けばいい?」

福豆で無病息災

神鳥(しとど)前川神社

福豆で無病息災

1月19日号

発表 平成29年度税制改正大綱!!

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプラリー初開催

市ケ尾町

スタンプラリー初開催

30軒以上が参加

1月13日~2月12日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク