青葉区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

駅前から元気を たまプラ夏祭り7月28日、29日

平川神社神輿保存会の安藤秀雄会長(中央)と警固長の小土橋信也さん(右)、小土橋厚さん
平川神社神輿保存会の安藤秀雄会長(中央)と警固長の小土橋信也さん(右)、小土橋厚さん

 たまプラーザ駅周辺が賑わいを見せる「夏祭り」が、今週末28日(土)・29日(日)に開催される。

 地元たまプラを中心に活動する団体の演技や中国雑技団のショー、さまざまな出店が祭りを活気づける。美しが丘公園で開催されるゆかたコンテストは大賞に沖縄旅行を用意。夜には恒例の盆踊り大会も実施する。

伝統を担ぐ

 夏祭りを活気づけるのは平川神社神輿・御囃子保存会のメンバーら。今年は駅前広場から29日(日)午後1時にスタート。たまプラーザの3商店街を巡り、ゴールの美しが丘公園を目指す。午後4時半頃終了。たまプラを練り歩く神輿の担ぎ手は約100人。掛け声に合わせた笛や太鼓などの御囃子が、祭りを盛り上げる。

 30年以上前、神輿保存会の安藤秀雄会長や御囃子保存会の倉本澄夫会長・金子恵一副会長らが中心となって手作りで神輿を完成させた。神輿を担ぐ若手メンバーも増え、着々と伝統が受け継がれている。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク