青葉区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区内8月19日現在 熱中救急が減少 昨年比18人少ない30人

社会

 青葉消防署によると、今年6月から8月19日現在までの区内熱中症救急搬送者数は30人。昨年同日比の48人から18人減少していることがわかった。市内は、482件で昨年同日比715件から233人減少。「今年は全域で減少傾向にある」と同署は話す。

 減少の要因について同署は昨年に比べ、震災の影響による東京電力の節電が緩和されていることが挙げられるという。「今年は広報やチラシなどで、室内が28度以上になった場合は、エアコンや扇風機を使うよう呼びかけることが積極的に出来ている」と同署。また、「高温注意情報がテレビなどの速報で流れているのも、各家庭での注意喚起につながっているのでは」と話す。

各地で対策強化

 区内各地では、今年熱中症対策を強化。市ヶ尾にある屋内型施設「青葉スポーツセンター」では今年、自動販売機を1台増やし4台に。新たに設置した自販機では、1リットルのペットボトルや栄養補給のゼリーが購入できる。「利用者が積極的に水分、栄養補給できるよう環境を整える対策に踏み切った」と話す。

 部員120人と区内中学校のソフトテニス部では一番の部員数を持つ、あざみ野中学校同部も対策を強化している。5リットル入りのタンク水や発泡スチロールを持ち込み、氷を常備。「炎天下でもすぐに体を冷やせる環境を作り、継続して対策を行っていく」と木村寛顧問は話す。

今後も引き続き注意を

 同署によると、昨年区内では9月22日まで熱中症搬送が発生。9月にかけても引き続き注意が必要となる。また、昨年同様、屋内での発生や部活などの運動をする若い世代での搬送が多い。今後の対策について同署は、「水分をこまめにとり、室内の場合は冷房を効率的に取り入れていって欲しい」と対策を呼びかける。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク