青葉区版 掲載号:2012年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

理科の楽しさを体感 小学生らが桐蔭横浜大で実験

 物づくりや実験などを通じて、子どもたちに理科の楽しさや不思議などを伝えようと、桐蔭横浜大学では、先月22日、「おもしろ理科教室」を開催した。

 今年で14回目を迎える同イベント。市内外から数多くの親子連れが参加し、賑わいを見せた。キャンパスでは学生と教授らが、テーマごとに22ブースを用意。じゃんぼシャボン玉づくりや、電気の力でコインを飛ばす実験、葉っぱ笛など多彩な内容に、どのブースからも歓声や驚きの声が上がっていた。

 普段は教わる立場の学生たちも、”先生”として丁寧に説明。「子どもでも分かるように、噛み砕いて説明するのが難しい。子どもの好奇心や探究心に、こちらも発見があった」と楽しんだ様子だった。

 同大では、「子どもたちの理科離れが進んでいるので、こうした大学の知的財産を活用して貢献ができる良い機会」と話している。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク