青葉区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

レーザーで「歯周病」治療 目立たない入れ歯の相談も

相原 憲仁 院長
相原 憲仁 院長

 口腔内細菌などが原因となり、心臓病や糖尿病などの疾患を引き起こすケースも報告されている「歯周病」。「歳を取るごとに唾液の分泌が少なくなるので、歯周病も進行しやすい。特に妊婦や高齢者は注意が必要です」と『のんの歯科・矯正クリニック』の相原憲仁院長。

 歯石を除去すれば、歯周病予防・治療になると思っている人も多い。「しかし、進行している場合、麻酔をした上で、歯周ポケットの奥深くから歯石をかき出し、歯肉の炎症を抑える必要があります」。治療も数ヶ月に渡ってしまうという。

 同院の歯周病治療では、厚労省認可のレーザーを取り入れている。瞬間的な高熱によって、歯周病を死滅・洗浄していく。「レーザーは殺菌力が高いため、治療を短縮できるほか、歯肉再生や再発予防にも効果的です」。

薄く、目立たない入れ歯

 重症な歯周病によって、入れ歯となってしまった場合には、義歯の相談も受付けている(自由診療)。

 取り扱うのは、薄くて、針金(バネ)が”目立たない”義歯。「部分入れ歯の場合、すぐ隣の歯にバネを掛けるのが一般的ですが、当院では、歯肉と同じ色のバネを使用するため、目立たちません」。また、現在使用している銀色の針金を白色に変更し、目立たなくすることも可能だという。
 

のんの歯科・矯正クリニック

横浜市青葉区たちばな台2-1-1

TEL:045-960-3344

http://www.nonno-dent.jp/

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク